マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

ダルマレースさんの公開ページ

ダルマレースさんのプロフィール

ママ・30代・東京都

ダルマレースさんの声

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 読むたびに新しい発見ができます。  掲載日:2016/11/24
うさぎマンション
うさぎマンション 作: のはな はるか
出版社: くもん出版
子供たちは気に入ったうさぎさんがページをめくるごとにどうなっていくかとても興味深々でした。
可愛らしい絵なので女の子向けかなと思ったけど、いろんなうさぎさんがいて男の子も楽しめます。
うさぎさんの細かい変化が何度読んでも楽しめるので、まだまだ楽しく読めそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぬいぐるみたちの優しさに気づく一冊  掲載日:2016/11/24
なきむしこぞう
なきむしこぞう 作: 今村 葦子
絵: 酒井 駒子

出版社: 理論社
ぬいぐるみだって好き放題やられたら家出したくもなる!子供はびっくりです。
思いやりの心を伝えたいときにぴったりの本です。
絵のあるページとないページが交互になっているので、絵のないところを想像しながら、絵と重ね合わせながら楽しめます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ポレポレってなあに?  掲載日:2016/11/24
ポレポレやまのぼり
ポレポレやまのぼり 文・絵: たしろ ちさと
出版社: 大日本図書
ポレポレってなんだろうとつい手にとってしまった。
とても仲良くならなそうな組み合わせの動物たちがとても仲良く力を合わせて山登りするところが楽しい。
子供たちはやぎさんの荷物の中身が気になってしょうがなかったようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 迫力ある絵に大人も息をのみます。  掲載日:2016/11/24
小さなサンと天の竜
小さなサンと天の竜 作・絵: チェン・ジャンホン
訳: 平岡 敦

出版社: 徳間書店
男の子にはぜひ読んであげたいと思う一冊。
神話風な内容がとても引き付けられ、普段の絵本と違う魅力があります。
力強い絵とサンの一心に頑張り続ける姿に心が打たれます。
竜のでるところは大人が見ても迫力満点です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛らしくて見守ってあげたいライオン  掲載日:2016/11/24
としょかんライオン
としょかんライオン 作: ミシェル・ヌードセン
絵: ケビン・ホークス
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
始めはライオンが図書館にくるなんてと軽く読み始めたのですが、読んでいくうちにそんなことを忘れてライオンを温かい目で見守っていました。
私たちが行く図書館にもライオンがほしいくらいです。
こんな非日常な出来事を親子で体験できちゃう本の素晴らしさを感じられる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 眠くなりました。  掲載日:2016/11/24
ぼくはちっともねむくない
ぼくはちっともねむくない 作: クリス・ホートン
訳: 木坂 涼

出版社: BL出版
可愛らしいくまの子が子供も気に入りました。
夜を感じさせる色合いと落ち着いた絵が自然にこっちまで眠くなってしまいます。満点の星空がまるで星空の下で寝ているようでとてもきれいです。
寝かしつけに静かにゆったりと読むのがおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんな以外に見えている!けど長所短所が面白い  掲載日:2015/12/1
仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界
仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 著: ギヨーム・デュプラ
訳: 渡辺 滋人

出版社: 創元社
本格的だけどとても愛らしく書かれた動物たちの絵は、ぜひ子供に見せてあげたい。
人間が一番目がいいと思っていたのに、すごい動物がいっぱいいてビックリ!
踏みつぶしちゃいそうな小さな動物は、目よりも他の感覚が優れていたりして、世界は目で見えるものが全てではないんだと思いました。
人間もひとりひとり違って、いろんな人がいて、助け合っていけたら素晴らしいよね!と、いろいろ考えさせられてしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こちらもそぉっと…  掲載日:2015/12/1
そおっと そおっとね
そおっと そおっとね 作: たんじあきこ
出版社: ほるぷ出版
女の子は早く食べたいケーキをそぉっとそぉっと大事に大事に運んだんですね。
おっとっとの表情はそうそうそうなる!と、うなずいちゃいました。
女の子のささやかな喜びをそぉっと見守りたいと思いました。
大人でもやっぱり、大事なものはそぉっとやるもんなぁ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供がだじゃれを楽しんでくれて知識も増えてらっきー!  掲載日:2015/12/1
だじゃれ日本一周
だじゃれ日本一周 作: 長谷川 義史
出版社: 理論社
だじゃれが面白い!よく47こ考えたなぁと感心しました。
自分で考えただじゃれをいうのは恥ずかしいけど、絵本だから堂々と言えます!
子供もハマったらしく、気に入っただじゃれを繰り返し言って楽しんでいる様子。なにせだじゃれが47こもありますから、好きなダジャレが必ず見つかります。
絵もなかなか凝っていて、この県の名物はこれだったんだと思いながら、子供にはこれが有名なのよってえらそうに言っています。
おもしろい絵とだじゃれで楽しく都道府県が覚えられるのでおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大切なことの説明書  掲載日:2015/11/20
命はどうしてたいせつなの?
命はどうしてたいせつなの? 著: 大野 正人
絵: ハラアツシ

出版社: 汐文社
読んでしばらく考えてしまった。
うちの子供にはまだ難しいかもしれないけれど、これから社会にでていく子供たちに、ぜひ読んであげたい。
子供が大きくなったら、教えてあげたくてもなかなか話せなくなるかもしれないと思うと、小さくても早く読んであげたい。
参考になりました。 0人

17件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット