話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

TOP500

すきっぱー

ママ・30代・北海道、?4歳

  • Line

すきっぱーさんの声

224件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ネコは家につく  投稿日:2023/07/22
11ぴきのねことぶた
11ぴきのねことぶた 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
猫たちが住みついた家にブタが訪れますが、猫たちは自分たちの家だとブタを通せんぼ、、
あー猫が可愛い。ズルくて、欲しいものは全部自分のものにしたくて、嘘つきでも11ぴきの猫たちが本当に可愛い
有名な絵本のシリーズの一冊です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の頃にも、大人になって読んでも楽しめる  投稿日:2023/05/21
おつかい
おつかい 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
子供側のお母さんに言われたことをやりたくなくてグズグズ言い訳する気持ちも、お母さん側のいつまでも言い訳されて怒りたくなる気持ちもどちらもわかって、クスッとできる大好きな絵本です。
ばばばあちゃんでお馴染みのさとうわきこさんの絵も温かくてユーモアがあってとても好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きなドーナツが出来上がるシーンにわくわく7  投稿日:2023/05/21
おおきなドーナツ
おおきなドーナツ 作: 平塚 ウタ子
絵: はた こうしろう

出版社: フレーベル館
双子の料理好きの魔女が大きなドーナツを作り輪投げでどちらが遠くに飛ばせるか競争をするお話し。
双子のかわいい魔女が山のてっぺんで輪投げをするシーンもとても可愛いですが、一番好きなのはでっかいドーナツを揚げるシーン、
魔法で生地を混ぜて、プールのような鍋にざぼーん、ざぼーんと入れ揚げ、ふかふか、ほわほわしてそうなドーナツが次々に出来上がるシーンは何度見てもワクワクします
とても大好きな絵本です
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供が小さい頃ほぼ毎日読んでいた絵本  投稿日:2023/05/21
やさいさん
やさいさん 作: tupera tupera
出版社: Gakken
子供が言葉でコミュニケーションが取れ始めた位から読み始めて、4歳頃までほぼ毎日のように読み、お世話になった絵本です。
「やさいさん やさいさん だあれ」の言葉の横には土から生えた葉っぱだけが見えており、仕掛けをめくると「すっぽーん」土からやさいさんが顔を出すという絵本
この野菜の葉っぱってこんな感じなんだと気づきもあり楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 誰が読んでも楽しめる一冊  投稿日:2023/05/21
どろんこ こぶた
どろんこ こぶた 作: アーノルド・ローベル
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
大好きなどろんこを掃除されてしまったこぶた、街で見つけたどろんこ(セメント)の中にいる間に固まってしまい。。
温かそうなどろんこの中で穏やかに沈んでいるこぶたがなんとも幸せそう。
表情豊かなこぶたが愛らしい、誰が読んでも楽しめるストーリーの絵本だと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせにちょうど良い  投稿日:2023/05/21
とうさんおはなしして
とうさんおはなしして 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
お父さんネズミが7匹の子ネズミに一人一つお話をするというシーンから始まり、お父さんネズミが話した短いお話しが7つ載っています。
一つ一つが短く、お話に出てくるお父さんネズミのように、読み聞かせにちょうど良いです
読み聞かせを終えてお父さんネズミとお母さんネズミが暖炉のそばでお茶を飲みながらゆっくりしているシーンが、まるでネズミの家族になったようで好きです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい エリックが教えてくれた世界  投稿日:2023/05/14
エリック
エリック 作: ショーン・タン
訳: 岸本 佐知子

出版社: 河出書房新社
ただただ、読み終わった後、静かに温かい気持ちになれる絵本。
小さなエリックが興味を持つものはいつも小さなものばかり、だけどつまらないものではなく、どれも本当は素敵なもの。

緻密で細かい描写やエリックが可愛いです。
手のひらサイズの小さい絵本もあるので、小さな子供の外出時のお供にも良さそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい動詞の絵本  投稿日:2023/05/14
みんなそれぞれ
みんなそれぞれ 作: tupera tupera
出版社: PHP研究所
あるく、はしる、とぶ等、一つの同じ動詞(言葉)でも状況や感情によって、こんなにも、みんなそれぞれ、違う。

すべて切り絵で表現されておりいつ見ても驚いてしまいます。
かなりの数の登場人物が出てきますが一つ一つとても緻密で、じっくり眺めて楽しんだり、また愉快で楽しい絵なので子供と一緒に笑いながら読んだりと、色々な楽しみ方ができる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 犬(?)の生き物がかわいい  投稿日:2023/05/14
蒼い時
蒼い時 作: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
絵本コーナーにあり絵本の形をしていますが子供向けではないです。
黒い目隠しマスクをした犬(?)のような2匹の生き物のイラストと、哲学的な詩が続きます。
詩の意味は分からないですがそれがゴーリーらしい(?)感じがあり個人的に結構好きな一冊です。
子供の酷い描写がないのとイラストの生き物が可愛いので、ゴーリーの絵本の中では読みやすいのではないかと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 調べてから読まれるのがお勧めです  投稿日:2023/05/14
不幸な子供
不幸な子供 作・絵: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸

出版社: 河出書房新社
正直、もう二度と読みたくない絵本の一つです。
子供が残酷な目にあって、不幸なまま終わるお話です。
ゴーリーと言えば残酷で冷酷な作風が有名、この絵本も代表作の一つのようです。

ただ小説やノンフィクションでは(悲しいですが)よくある話でも絵本という媒体でイラスト付きで見ることでかなりショッキング、良くも悪くも心に残ります。
参考になりました。 0人

224件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット