くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

うきうきこーんさんの公開ページ

うきうきこーんさんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子11歳 男の子5歳

自己紹介
二児の母です。下の子にとても手がかかって自分も産後体調がずっと悪いのでひきこもり状態です。時々パソコンでも見て楽しんでいます。
好きなもの
SMAP、韓流
ひとこと
自分の子どもの頃より子育て中の方が夢中で絵本を読んでいるかも。。。

うきうきこーんさんの声

605件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 想像力がぶっとんでる  掲載日:2018/4/19
なつみはなんにでもなれる
なつみはなんにでもなれる 作・絵: ヨシタケシンスケ
出版社: PHP研究所
こんな子供がいたら楽しいなぁ。なつみは将来大物になれると思う。
要するにジェスチャーゲームみたいなものなんだけど、それになりきっていろんな物や気持ちを表現しているんです。4つくらい正解したけどあとははぁ〜それかぁって正解見て意外だったり面白かったりします。8個の答えが全部同じく共通した物なくだりは「!!!」って思いました。なるほど。
おかぁさんがよくやるやつって言うくだりは苦笑しながらも自分が言われたら「やめてよぉ」ってなりますね。
最後の答えはかたつむりっぽいけど…本当の正解が知りたいですね^^
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 謎解き好きな子に  掲載日:2018/4/19
ミルキー杉山のあなたも名探偵(1) もしかしたら名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵(1) もしかしたら名探偵 作: 杉山 亮
絵: 中川大輔

出版社: 偕成社
小学生低学年から読めそうです。探偵になったつもりで謎解きに挑戦してもらいたいと思います。問題が出題されてそのあと解答編もついています。すぐに開かないでよく推理してからページをめくってねという文句の通りよく推理して読んでみて欲しいです。読解力を養うのにもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いちばん面白いだじゃれを言うのは誰じゃ?  掲載日:2018/4/19
まほうのれいぞうこ
まほうのれいぞうこ 作: たかおか まりこ
絵: さいとう しのぶ

出版社: ひかりのくに
うまいだじゃれが言えたら中からおいしいものが出てくるお話です。だじゃれに笑いを誘われ、だじゃれに反応する冷蔵庫の顔にまたまた笑ってしまう、とっても楽しいお話です。
個人的には一番受けてなかっただじゃれが一番面白かったのですが、レベルが低いのでしょうか???
次々おいしいものが出てきて楽しいし、お誕生日のお祝いにもなりそうな絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の空想力が爆発しています  掲載日:2018/4/19
アブナイかえりみち
アブナイかえりみち 作: 山本 孝
出版社: ほるぷ出版
確かにむかーし子供の頃はこの路側帯を飛び越えて落ちたら地獄に落ちちゃうかもとか想像して(よい子は路側帯に乗らないようにね!!)下校したりもしたけどこの絵本はかなり細かい描写で本当に古代の世界に引き込まれるようです。最後に空想の世界と現実の世界を見比べて照らし合わせてみると…とっても楽しいです。ネーミングも逆さ読み!!同じシリーズのアブナイおふろやさんの方が子供はよりお気に入りみたいです。
危険に見舞われた4号を2号が助けるのとかドラマチックに描かれているのもまたおもしろいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夢いっぱいのにじいろでんしゃ  掲載日:2018/4/19
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす!
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: 学研
幼稚園で子供達が描いた夢のお絵かきが実現していくようなファンタジックなお話です。
『でんしゃでいこうでんしゃでかえろう』のしかけのように穴が空いていて次のシーンがすこーしだけ見えるのがたのしいですね。前からも後ろからも読めるのかなとチラッと思いましたが、こちらのお話はそうではないようです。ちゃんと最後にラストシーンがあります。
電車大好きな子にオススメの絵本です。うちの子もあんなに上手に絵が描けたらいいのに…と思いますね^^;
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の想像力全開  掲載日:2018/4/19
アブナイおふろやさん
アブナイおふろやさん 作: 山本 孝
出版社: ほるぷ出版
確かにむかーし子供の頃はこの路側帯を飛び越えて落ちたら地獄に落ちちゃうかもとか想像して(よい子は路側帯に乗らないようにね!!)下校したりもしたけどこの絵本はかなり細かい描写で本当に古代の世界に引き込まれるようです。最後に空想の世界と現実の世界を見比べて照らし合わせてみると…とっても楽しいです。ネーミングも逆さ読み!!「イセン・セババって何のことだと思う?馬場せんせいのことだよ」と読んでもないパパに問題を出すほど気に入ってしまったようです。
普通でもスーパー銭湯っていろいろなおふろの種類があっておもしろいんだけど、こんな想像力を加えたら探検みたいでより面白いでしょうね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なぜか泣いちゃった…  掲載日:2018/4/19
まほうのでんしレンジ
まほうのでんしレンジ 原案: たかおか まりこ
絵・作: さいとう しのぶ

出版社: ひかりのくに
この本を読む前、表紙だけ見てなぜかシクシク泣いて布団に伏せた我が子。。。入れた物が魔法で消えちゃうのかと勝手に想像していたようです。でも読んでみて違ったので楽しくなっちゃいました。
お皿が互い違いになっちゃったりするところはおもしろいですね。レンジって言うと温かい物しかでてこないイメージもぶち破っていて自由な発想です。お皿を入れただけでごちそうができたら主婦はラクだろうな…と思いながら読み聞かせました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な絵本  掲載日:2018/4/16
こねて のばして
こねて のばして 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
タイトルからしたらパンの作り方の絵本かと思って読んでいたんですが、最後まで読むとどうも違いますね。
こちらのサイトの絵本紹介の『スキンシップ絵本』という文句を読んでなるほどって思いました。また次読み聞かせるときは読み方を変えてみようと思います。スキンシップを加えて。
大人はなんじゃこりゃって思って読んでいたけど、子供は面白いって言ってたので頭が柔軟なんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさいのがっこう1作目  掲載日:2018/4/1
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち 作: なかや みわ
出版社: 白泉社
やさいのがっこうはピーマンくんの絵本から先に読んでしまったので、1作目のとまとちゃんは後になってしまいました。トマトが陽に当たると赤くなって熟れていくけれどクレソンくんやみょうがちゃんみたいに陽に当たらないほうがいい野菜もあるということが描かれている部分はなるほどと思います。そして、とまとちゃんが赤くなるために友達が一生懸命力を貸します…がうまくいかないところが面白く描かれています。それはダメだわ〜って思ったら案の定の結果に。やっぱり太陽の光をちゃんと浴びておいしい野菜に育って欲しいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 視点を変えると…  掲載日:2018/4/1
サーカスの旅/薬と夢
サーカスの旅/薬と夢 作: 星 新一
絵: ももろ

出版社: 三起商行(ミキハウス)
昔よく読んだ星新一さんのショートショートが絵本になったとあってこれは読まねばと思いました。
人間が犬より上の立場の地球とは違って犬の方が立場が上の星も存在するかもというファンタジーのような皮肉のような世界が面白いですね。イラストもほんわかしていて犬に曲芸を仕込まれているおじさんに悲哀を感じないところもいいです。
2本立てになっていてもう一話もなかなかです。昔話によくありがちな過ぎたるは及ばざるがごとしを楽しい夢を見たいという願望で表しています。
子供にも読ませたいです。上の子は「おもしろい」と言っていました。5歳の子はまだですが、理解できるかな??
参考になりました。 0人

605件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

全ページためしよみ
年齢別絵本セット