ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『せつぶんワイワイ まめまきの日!』ますだゆうこさん&たちもとみちこさんインタビュー

『せつぶんワイワイ まめまきの日!』ますだゆうこさん&たちもとみちこさんインタビュー

「ケロポンズ」のますだゆうこさんがストーリーを書き、「colobockle(コロボックル)」のたちもとみちこさんが絵を描く季節のイベント絵本シリーズ5作目『せつぶんワイワイまめまきの日!』が発売になりました。それを記念して、たちもとみちこさんの素敵なアトリエ(!)でお二人にインタビューすることができました。貴重なツーショットに加え、たちもとさんの制作現場を見せていただけるというのですから、ファン垂涎!?見逃す手はありません! 写真もいっぱいご紹介しちゃいます。

せつぶんワイワイまめまきの日!
せつぶんワイワイまめまきの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂

弱虫タカシの所へやってきた小鬼のキッチは… 節分の日、弱虫タカシの所へ小鬼のキッチがやってきました。タカシはキッチと、いじめっこになってしまったツヨシの所へむかいます!

『せつぶんワイワイまめまきの日!』

───最新作『せつぶんワイワイまめまきの日!』は節分のお話。一目見て、たちもとさんの描かれたオニがかわいい〜!と思ってしまいました。いったいどんなお話なんでしょう?

ますだ:節分の日、保育園で「かくれんぼするものよっといで〜」とツヨシが声をかけます。よわむしタカシは、ツヨシにむりやりオニにされてしまうのですが、そこへオニの子「キッチ」があらわれます。ツヨシがいじめっこになったのは「リンリンボウ」っていうオニが憑いてしまったからなんだよ、いっしょにリンリンボウをやっつけよう!・・・というお話です。

───いばりんぼうのオニ、「リンリンボウ」(笑)。子どもに憑くといじめっこになるところは、ますださんの子どもたちへの愛情を感じるような、逆にちょっとこわいような…

ますだ:かくれんぼって、子どもの頃はちょっとこわくありませんでした?「もういいかーい」「もういいよー」と振り返ると、だーれもいなくて、寒空の下に自分ひとり。まわりはしーんとしていて。私自身の子どもの頃の記憶がお話に入りこんでいるのかなと思います。

───「オニは〜そと! ふくは〜うち!」の豆まき行事には、日本人が、オニはいると感じてきたことがあらわれていますよね。

ますだ:昔の暦では立春が新年のはじまり。節分は大みそかにあたります。豆まきをすることで邪気(邪鬼)をはらい、そうして、新しい年の春がやってくるんですね。

子どもって、オニやなまはげを見ると大泣きしますね。ものすごくこわいんでしょうね(笑)。子どもの頃は、本当は目に見えないけど、そういうこわいものがあったほうがいい。目に見えないものを信じる力が育つのではないかと思います。

───3匹のオニが登場しますが、たちもとさん、描き分けは難しくなかったですか?

たちもと:ますださんが子どもの心で書いているお話の世界に、私自身も子どもになってすーっと入りこんで、自然に絵を描くことができました。

ますだ:オニになってオニの子に連れていかれるという不思議な話なのに、絵にぜんぜん無理がない。

かわいくて夢があって、たちもとさんの絵はすごいなあと思います。
お話の最後は「あはははは〜!」です。笑いで邪気(邪鬼)をふきとばしちゃう。笑いって、どんなときでもすーごく大事だと私は思っているんです。そうそう、豆知識のページに出てきますが、食べるお豆の数は、自分の年齢に加えて1つ多く食べると長生きできると言われているそうですよ。

───そうなんですか!? 年齢の数だと思っていました!

ますだ:そうなんですよ〜。行事の絵本を作ると豆知識が増えます(笑)。


シリーズがはじまるきっかけ

───シリーズ一作目は『ハロウィンドキドキおばけの日!』でしたね。企画はどのようにスタートしたのですか? ハロウィン絵本は発売当時(2008年)珍しかったのではないでしょうか。

ますだ:日本でハロウィンはまだなじみがなくて、子どもたちはどんなふうに遊べばいいのかわからなかったみたい。だからハロウィンが身近になる本を作りたいと出版社から依頼がありました。ノウハウ本ではなく、ストーリー絵本でかつ豆知識も入るお話をと。

『ハロウィンドキドキおばけの日!』はこわがりな男の子のところにこわがりおばけのシェイクがたずねてくるお話。こわがりのおばけがいたっていいじゃないか?と思ってお話が出来ました。
どの絵本も子どもになったつもりで、子どもがおもしろい!と思ってくれるお話を書きたいなと思って、書いています。実は、毎回ケロポンズの相方のポンちゃんにも見せて、意見をもらっているんですよ。

───お話を読むとハロウィンがどんなものか自然にわかるようになっていて、豆知識コーナーにはジャックオーランタン(カボチャのおばけ)や仮装おばけの作り方、ハロウィンパーティにおすすめの料理の作り方まで載っていますね。ハロウィンはここ数年ですっかり身近になりました。たちもとさんの参加のきっかけは何ですか?

たちもと:私も出版社からお話をいただいて…。それで最初の頃に一度、飲み会しましたよね。

ますだ:しましたね! 完成したとき打ち上げを兼ねてということで飲み会しました(笑)。その後はしばらくご無沙汰していましたが、すっかり信頼していて毎回絵が出来上がるのが楽しみです。






出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適
今年の主役はやっぱり「ピーターラビット」

ますだ ゆうこ

  • 東京都出身。国立音楽大学教育科、幼児教育専攻卒。
    子どもたちに大人気の歌って遊ぶスーパーデュオ「ケロポンズ」として全国各地で親子コンサートや保育セミナーなど行うほか、NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、BS日テレ「それいけアンパンマンくらぶ」に出演など、幅広く活躍中。たちもとみちこ氏とのコンビで、絵本『ハロウィン ドキドキ おばけの日!』『クリスマス わくわく サンタの日!』『たなばた ウキウキ ねがいごとの日!』『ひなまつりルンルンおんなのこの日!』(文溪堂)を刊行。その他絵本の文章に『むぎちゃんのすなば』(偕成社)「ケロちゃん絵本」シリーズ(そうえん社)など多数。

たちもと みちこ

  • 石川県金沢市出身。大阪芸術大学デザイン学科視覚情報デザイン学科卒。
    大阪芸術大学文藝学科客員准教授、同短期大学部客員准教授。絵本をはじめ、イラストレーション、映像、玩具、雑貨、クラフトなど様々なジャンルで「子ども」をテーマに創造性豊かでユーモラスな世界を繰り広げ遊び心をもった作品を発表し続けている。著書の絵本に『アニーのちいさな汽車』(学研)、『ことりのゆうえんち』『ゆきのはな』(PHP研究所)『おほしさま』(教育画劇)『はだかの王さま』『てぶくろ』『3びきのくま』(ブロンズ新社)など他多数。DVDに脚本・監督・イラストを手がけたアニメーション「つづきのおはなし」(クリエイティブ・コア)がある。子どものマルチメディアを企画制作するレーベル 「colobockle(コロボックル)」を主宰。東京、中目黒に「colobockle」のアンテナショップがある。

作品紹介

せつぶんワイワイまめまきの日!
せつぶんワイワイまめまきの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
ハロウィンドキドキおばけの日!
ハロウィンドキドキおばけの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
クリスマスわくわくサンタの日!
クリスマスわくわくサンタの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
たなばたウキウキねがいごとの日!
たなばたウキウキねがいごとの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
ひなまつりルンルンおんなのこの日!
ひなまつりルンルンおんなのこの日!の試し読みができます!
作:ますだ ゆうこ
絵:たちもと みちこ
出版社:文溪堂
全ページためしよみ
年齢別絵本セット