話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ぼくが見た太平洋戦争
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくが見た太平洋戦争

著: 宗田 理
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,150 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年08月25日
ISBN: 9784569784144

中学生〜高校生
四六判並製/128ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ベストセラー『ぼくらの七日間戦争』の著者が、本当の戦争体験を子どもたちに向けて語り、戦争の愚かさ、悲惨さを伝えます。

終戦から来年で70年。戦争体験者のほとんどが、70代後半から80代以上となり、子どもたちの親や祖父母の多くが戦争を知りません。「ぼくらシリーズ」が子どもたちに人気の宗田先生は今年86歳。8歳のとき父が亡くなり、祖父に引き取られたため、中高時代を戦時下の愛知県三河ですごしました。

学徒勤労動員で学校に行かず鉄工所で働いたこと、広島と長崎の原爆投下のはざまで起こった中高生450名以上が犠牲になった愛知県・豊川海軍工廠付近への空襲、戦争末期で救助も来ず2000人以上が亡くなった三河の大地震、空腹とダニやノミ・シラミとの闘い、マンガのような「タコツボ特攻作戦」や「吹き矢作戦」を真面目に練習したこと、B29の機銃掃射……。

当時、中高生だった宗田先生が語り継ぐ、戦時下の切ない青春と本当の戦争体験記です。

ベストレビュー

あの方も!!

あの「ぼくらの7日間戦争」の作者が、太平洋戦争について語った児童書です。
「戦争なんて、まっぴらだ!」と書かれたオビ。
まさにその通りだったのでしょうね!!
未来を担う小学生中学生に読んでほしい1冊に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宗田 理さんのその他の作品

悪ガキ7 いたずらtwinsと仲間たち / 角川つばさ文庫 ぼくらの『第九』殺人事件 / 角川つばさ文庫 ぼくらのいじめ救出作戦 / 劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争 / 角川つばさ文庫 ぼくらのメリー・クリスマス / ぼくらの七日間戦争


絵本ナビホーム > 一般 > 全集・双書 > 社会科学総記 > ぼくが見た太平洋戦争

【連載】9月の新刊&オススメ絵本

ぼくが見た太平洋戦争

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット