もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
アラヤシキの住人たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アラヤシキの住人たち

  • 絵本
写真・文: 本橋成一
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

作品情報

発行日: 2015年03月20日
ISBN: 9784540142581

A4変 36ページ

出版社からの紹介

自由学園の教師をしていた宮嶋眞一郎と、その家族や仲間たちが、今の社会に肉体的・精神的な生きづらさを抱える人や、そうでない人たちとともに働き、ともに学ぼうという精神で活動してきた〈共働学舎〉。その原点である長野県小谷村の山の中にある真木集落では、いまも「自労自活」の暮らしをつづけている。畑を耕し、家畜を飼い、カヤで屋根をふき、土壁を塗り、食べものをつくる。ちがうからこそ、ともに生きあえる。いまの日本が置き忘れた〈人の暮らし〉が、ここにある。

ベストレビュー

不思議な共同生活

車も入らない信州の奥地で、江戸時代からの旧家で共同生活をする人たち。
協働学舎という、ハンディキャップをもった人たちの共同生活施設の紹介絵本ですが、老若男女がたくましく生活している脱世間的な姿に驚きました。
自給自足的な生活は独立社会のようですが、結婚式や、子どもの写真まで加わると、絵本だけでは計り知れない世界のようです。
自分にはまねできないと思いながら、訪ねていきたいような気にもなりました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


本橋成一さんのその他の作品

うちは精肉店 / ふたりの画家 丸木位里・丸木俊の世界 / アレクセイと泉のはなし / ナージャ希望の村



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

アラヤシキの住人たち

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット