話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット

「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット

  • 児童書
著者: 前沢 明枝
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年11月20日
ISBN: 9784834081930

小学校中学年から
ページ数: 184
サイズ: 22X16cm

出版社からの紹介

1945年、一人の若い女性が物語を書き始めます。それが『エルマーのぼうけん』でした。そのお話は、どうして生まれたのでしょう? 作家へのインタビューが始まります!


ベストレビュー

シリーズを読み返したくなりました

エルマーのぼうけんの作者、ルース・S・ガネットの人生が語られます。
エルマーのぼうけんシリーズ以降、作家活動をしなかったとに驚きましたが、いろんなことに興味を持ち、パワフルな方だったからこそなのかもしれません。
語られるエピソードがどれもこれもチャーミングで、読んでいて楽しかったです。
物語の背景を知ることができたので、エルマーのぼうけんシリーズを、また読み返したくなりました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


前沢 明枝さんのその他の作品

女王さまのワードローブ イギリス国民に愛されつづける女王エリザベスの物語 / 帰れ 野生のロボット / 野生のロボット / Artist to artist / クレメンタイン3 それはないよ!?クレメンタイン / うさぎのボロリンどーこだ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット

装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット