まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おしえてベッカンあきのえんそく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしえてベッカンあきのえんそく

  • 絵本

内容紹介

あきのえんそくの日、きらきら園に変な先生がやってきた。名前はベッカンで、得意技はあっかんべー。ベッカン先生はなんでも知ってる天才だから、なんでも教えてくれるというが…。

ベストレビュー

ベッカン先生、天才!

娘が保育園で読んで大のお気に入りになったベッカン先生。
ベッカン先生がどれだけ天才であるか、
日々その偉大さを語られてきた私でしたが、
ようやくこの絵本を読むことができ、感動!そして、納得!

たしかにベッカン先生の受け答え、すばらしい!

マジメすぎて面白みがない答えではなく、
一休さんのようなトンチでもなく、
ベッカン先生独得の面白さがあります。

うまいなぁー!

本当に天才!

それでいて遠足の帰りは寝てしまうベッカン先生、
お猿ならではの可愛らしさも兼ね備えています。

調べたところどうやらもう一つ、ベッカン先生の絵本があるみたい。
これも是非娘と読まなければ!と思わされる一冊です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ


山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を / すきです ゴリラ / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) ジャカスカ号で地中海へ

高畠 那生さんのその他の作品

マザーグースのうた / ジャックとまめのき / あさって町のフミオくん / ゲンちゃんはおサルじゃありません / そらから ぼふ〜ん / としおくんむし



>絵本エイド ―こころにひかりを―

おしえてベッカンあきのえんそく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット