話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

子どもに歯ごたえのある本を
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもに歯ごたえのある本を

著: 石井 桃子
出版社: 河出書房新社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

子どもが本を好きになるには。翻訳、創作など、「子どもの本」の開拓者・石井桃子が伝える、心をゆたかにする本とのつきあいかた。大江健三郎との対談、講演録などを集成した初の談話集。

子どもが本を好きになるには?翻訳、創作、読み聞かせ…「子どもの本」の開拓者、石井桃子が伝える、心をゆたかにする、本とのつきあいかた。初のインタビュー・講演・対談集。大江健三郎(作家)、吉田洋一(数学者)、吉原幸子(詩人)との対談も収録。
「岩波少年文庫」創刊のころ
「岩波の子どもの本」の頃
はじめに魔法の森ありき
子どもに媚びないピーターラビットの物語
「ノンちゃん」が心に生まれたとき
一世紀という時のなかで
子どもと読書
幼児のためのお話
テレビでは代用できない
子どもに歯ごたえのある本を
子どもが読む本・聞く本(対談 大江健三郎)
子どもと図書館(対談 吉田洋一)
名作・名訳よ永遠に(対談 吉原幸子)
本との出会い・人との出会い(インタビュー 川本三郎)
雪が降っているのに、それは暖かい世界でした(インタビュー 金井美恵子)

ベストレビュー

石井桃子さんの声が聞こえてきそうな           

 本のタイトルに「石井桃子談話集」と付いているが、収録されているのは3つの対談、それと2つのインタビュー、それと聞き書きが数篇、さらにエッセイという構成になっている。
 本のタイトルはそのうちのエッセイのひとつから付けられている。
 興味をひいたのは、石井桃子さんの対談やインタビューの相手である。
 大江健三郎、吉田洋一(この人は1898年生まれの数学者で、『零の発見』の著者)、吉原幸子(この人は詩人)、この3人は対談相手。
 インタビューしているのは、川本三郎と金井美恵子(金井さんは作家)の2人。
 対談はどちらがホストでもゲストでもなく、攻守互いにせめぎ合うような形になるが、インタビューとなるとやはりゲストである、ここでいえば石井桃子さんの輪郭から本質に至るまでもいかに浮彫りにするかが問われることになる。

 そのあたりはやはり川本三郎さんはうまく、「本との出会い・人との出会い」と題されたインタビューでは浦和の生まれた幼年時代から日本女子大での学生生活、その後の編集者の時代、そして戦争、東北での農業生活とうまく話が聞き出せている。
 最後は1950年に岩波書店に戻って少年文庫の編集に携わるところで終わってしまうのが、少し物足りたく、残念ではあるが、石井さんが観た映画の話などさすが川本三郎さんだ。

 聞き書きの中で「本を読む」とはどういうことかと聞かれた石井さんは、「そういうことを考えたことがないくらい、あって当たり前のこと」と答えている。
 そういう人だから、本のこと、子供たちのこと、図書館のこと、をずっと考え続けてこられたのだろう。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 桃子さんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ちいさいおうち THE LITTLE HOUSE / イーヨーのあたらしいうち / プーのはちみつとり / プー あそびをはつめいする / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 子どもに歯ごたえのある本を

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

子どもに歯ごたえのある本を

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット