ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
おじいさんの てぶくろ

おじいさんの てぶくろ

  • 絵本
作・絵: ボリスラフ・ストエフ
訳: 寺村 輝夫
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784052018985

出版社からの紹介

寒い冬がやってきて外は一面雪野原。おじいさんは、優しいおばあさんが編んでくれた、ほかほかの手袋をはめて隣の村へ。ところが、森の中で手袋を片方、落としてしまいます。動物たちは、落ちている手袋を見つけると、つぎつぎと中へ入っていきます。

ベストレビュー

そりゃ、無理でしょう

おじいさんがおばあさんに編んでもらった手袋を森の中で落としてしまいます。雪が降り積もっている森の中ではりねずみがその手袋をみつけ、中にもぐりこみご機嫌です。
次々に動物があらわれ、次々と手袋へもぐりこみます。
もう、パンパンに膨らんでぎゅうぎゅうのなかへ小さなねずみがはいったとたん、バリッビリッとやぶけてしまいます。
やぶけたてぶくろをそのままにして、どうぶつたちは帰っていきます。おじいさんは落としたことに気付き戻ってきたけど手袋はなぜか破れてしまっています。おばあさんにまた新しい手袋をあんでもらいました。

これは、ブルガリアの民話のようですが、日本にも似たような絵本があったと思います。冬のお話ですが、絵がとてもカラフルでにぎやかな感じがします。小さなてぶくろにくまのような大きな動物が入るのは無理でしょう、どう考えても・・・
でも、動物たちも暖かくすごせたし、おじいさんもおばあさんに新しい手袋を編んでもらえてHappy END
しかも、落とさないようにひも付きなんです!私も編み物をしますが、プレゼントの場合、その相手を思い編み上げます。プレゼントした時喜んでもらい、それを大事に使ってもらえると嬉しいんですよね〜(^。^)
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


寺村 輝夫さんのその他の作品

みねこのみちくさ / ぼくは王さまコレクション 全5巻 / ぼくは王さま どうぶつコレクション / ぼくは王さま ごちそうコレクション / ぼくは王さま はつめいコレクション / ぼくは王さま ぼうけんコレクション


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おじいさんの てぶくろ

えほん新定番 from 好書好日

おじいさんの てぶくろ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット