ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
わたしの苦手なあの子
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの苦手なあの子

  • 児童書
作: 朝比奈 蓉子
絵: 酒井 以
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • 無料ラッピングキャンペーン実施中!!

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2017年08月03日
ISBN: 9784591155189

出版社からの紹介

泳げないミヒロは、6年生になっても苦手なことからは逃げてばかり。
転校生の本間リサは、ツンとすましていてだれとも仲良くなろうとしない。プールはいつも見学。でもある日、ミヒロは、リサの秘密を知ってしまった。
仲良くなりたいと思うのに、話しかけてもリサは冷たいまま。小学校最後の夏休み、ミヒロは、苦手なリサを克服することに決めた──。
二人の女の子の、友情と成長の物語。

ベストレビュー

友情

話しかけても冷たい態度のリサに対して、ミハルはそれでも仲良くなりたいとがんばってすごいなー、いい子だなーと思いました。
リサも本来はいい子なのですが、人を寄せ付けない態度には心の傷が関係しているわけで…。ミハルとつながれてよかったなーと安心しました。
なかなか自分を出すのは難しいかもしれませんが、受け止めてくれる人はいるというメッセージが入った本ですね。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朝比奈 蓉子さんのその他の作品

もう逃げない! / ゆいはぼくのおねえちゃん / 「リベンジする」とあいつは言った / 竜の座卓 / たたみの部屋の写真展



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

わたしの苦手なあの子

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット