すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はなのいろはどこへいくの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなのいろはどこへいくの

  • 絵本
作: 水野翠
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年05月26日
ISBN: 9784947581877

31ページ

出版社からの紹介

あかねは、赤い色が大好きな女の子。花屋さんで見つけたきれいな赤い花を、お母さんに買ってもらってご満悦。ところが、花はだんだん黒ずんで、赤ではなくなってしまう。あのきれいな赤い色はどこにいったのと疑問に思うあかねのもとに、不思議なおばあさんが訪ねてくる。

少女のかわいい疑問に端を発するストーリーは、一見ファンタジーのように幻想的だが、そこに描かれているのは生き物の生と死。あかねは花の色探しの過程で、過ぎていく日々が二度と戻らないのを知る。けれど、きっとあの真っ赤な花は忘れない。作者が試行錯誤して答えを出した、いのちと時への向き合い方を、やさしく描く。

落ち着いた色調の魅力的な絵で紡がれる、いのちの物語。ぬくもりが手元から伝わってくるようで、読後に、心の奥の辺りがじんわりと温まる。  ―― 教育新聞 書評より

ベストレビュー

花の命

赤いものが大好きなあかねは、好奇心旺盛な女の子です。あかねの「どうしておかあさんは、大人なのに知らないの?」に、無知な私に言われている気がしてドキツとしました。花にも当然命があるのに、花の命のことまで気にしないできました。花が花びらに赤い粒が露のように出来てふわっと花びらから離れ、空に上がって行き、夫々の花の色が空に飛ぶ風景はとても綺麗でした。ピンク、若草色、淡い黄色に染められて花も満足したことと思いました。何度も読んで余韻を楽しみたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

水野 翠さんのその他の作品

わらって わにさん / あめのむこう / うまさんうまとび / みつあみみつあみ



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

はなのいろはどこへいくの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット