しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
日本の学校の怪談絵図鑑 3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本の学校の怪談絵図鑑 3

絵: 山村 浩二
監修: 常光 徹
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みたい!しりたい!しらべたい! 学校の七不思議と妖怪

内容紹介

日本各地で伝えられてきた学校の怪談のなかから代表的な話を取りあげ、たくさんのイラストで紹介するシリーズ。第3巻では、学校の七不思議と、花子さん、紙くればあさん、テケテケなど、学校にでる妖怪たちを紹介。

ベストレビュー

怖いのが超・面白い!

学校の怪談絵図鑑シリーズ3巻では「学校の七不思議」を取り上げています。
シリーズの中で個人的には一番面白かったです。
七不思議というのは、なんだか日本人の心を虜にしてしまう魅了がありますよね。
この本を読んで実は初めて「学校の七不思議」は全部知ってはいけないんだということを知りました。
まずは、よくいる「トイレの花子さん」の紹介。
男子トイレに出る「太郎さん」の存在は知りませんでした。なんと花子さんの友だちや恋人だといわれていることもあるそうです。
後、地域によって時間が違うみたいですが、ある時間になるとやってくる「ババ(おばあちゃんの妖怪)」とか、
「テケテケ」とか(足がないのに足音を立てる妖怪だそうです)
「足売りばあさん」も、すごかったです。
学校にはこんなに妖怪が出るのかと、驚きました。

また、この絵図鑑の挿絵を担当されている山村浩二さんの絵は、雰囲気があるのにひとりひとりの妖怪に愛嬌があり、
こんな妖怪とならちょっと会ってみたいなと思わせてくれるものがありました。
すごく読みやすくいい作りになっているシリーズです。ぜひ、たくさんの子どもたちに手に取ってほしいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話

山村 浩二さんのその他の作品

くだもの だもの・ おやおや、おやさい・おかしな おかし 3冊セット / 妖怪一家九十九さん(8) 妖怪一家のウェディング大作戦 / ぼくが いちばん! すごいでしょ / ミジンコでございます。 / あのくも なあに? / うまはかける

常光 徹さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (29) 秋の闇夜の授業参観 / 怪談オウマガドキ学園(30) 異界ツアーで体験学習 / 怪談オウマガドキ学園(28) 飼育小屋のさけび声 / めしくわぬにょうぼう / 怪談オウマガドキ学園(26) 妖怪の出る時間 / 怪談オウマガドキ学園 (27) あけてはいけない道具箱



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

日本の学校の怪談絵図鑑 3

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット