ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ゆうなとスティービー

ゆうなとスティービー

  • 絵本
作: 堀米 薫
絵: 丸山 ゆき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年10月12日
ISBN: 9784591159743

出版社からの紹介

ゆうなの家は牛を飼っている農家です。ある冬の日生まれた子牛は目が見えません。スティービーと名付けられたその子牛はゆうなが世話をすることになりました。
ゆうなが名前を呼ぶと耳を傾け話を聞いてくれるスティービー。ゆうなはスティービーと共に成長していきます。やがて、2年半の歳月がたち、スティービーもりっぱな和牛に育ちました。「明日スティービーを出荷するよ」とお父さんがいいます。そのことばにゆうなは…。
──大切に育てられる牛たち、それはおいしく食べてもらうため。お父さん、お母さんの「たくさんの人たちの<食>を支えている誇り」を感じながら、主人公は成長していきます。
実際に農業に従事している堀米薫先生でなくては書けない、力強くやさしい物語です。

ベストレビュー

難産で生まれた盲目のスティービー

難産で生まれた盲目のスティビーを家族で育てます。ゆうなの家

は牛を飼っている農家なので、ゆうなもスティービーのお世話を

して三年がたち、「出荷」までのことが描かれてました。

出荷というお別れの日を迎えますが、「スティービーは、たくさん

の人の命になって、ずっといっしょに生きていくんだよ」と、言われ

てゆうなが大きくうなずくと、ちからづよい一歩を踏み出したのが

ゆうなの成長を感じました。食事は、残しことなく感謝していただ

かないといけないなあと思いました。
(押し寿司さん 70代以上・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀米 薫さんのその他の作品

みちのく妖怪ツアー バーチャルツアー編 / Orange 夕ぐれ時のふしぎ / みちのく妖怪ツアー オンラインゲーム編 / はくさいぼうやとねずみくん / 青空モーオー! / みちのく妖怪ツアー ワークショップ編

丸山 ゆきさんのその他の作品

ひまりのすてき時間割 / あおぞらこども食堂はじまります! / AIロボット、ひと月貸します! / まほうのハンカチ / チ・ヨ・コ・レ・イ・ト! / 神隠しの教室


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ゆうなとスティービー

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

ゆうなとスティービー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット