新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
野生のロボット

野生のロボット

  • 児童書
作・絵: ピーター・ブラウン
訳: 前沢 明枝
出版社: 福音館書店

本体価格: ¥1,900 +税

「野生のロボット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年11月15日
ISBN: 9784834083569

小学中学年から
ページ数: 304ページ/サイズ : 22×15cm

出版社からの紹介

野生のなかで生きるロボットの運命は?

あらしの夜、五つの木箱が無人島に流れついた。中にはどれも新品のロボットが一体ずつ入っていたが、こわれずに無事だったのは一体だけだった。偶然スイッチが入り起動したロボット=ロズは、島で生きぬくために、野生動物たちを観察することでサバイバル術を学んでいく。はじめはロズを怪物よばわりしていた動物たちだったが、ひょんなことからガンの赤ちゃんの母親がわりとなったロズが子育てに孤軍奮闘する姿を見て、しだいに心をひらいていく。すっかり野生のロボットとなったロズのもとに、ある日、不気味な飛行船がやってきた……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピーター・ブラウンさんのその他の作品

きょうふの おばけパンツ / きょうふのおばけにんじん / トラさん、あばれる / ふしぎなガーデン

前沢 明枝さんのその他の作品

Artist to artist / 「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット / クレメンタイン3 それはないよ!?クレメンタイン / うさぎのボロリンどーこだ / クレメンタイン2 なにをやるつもり!?クレメンタイン / クレメンタイン1 どうなっちゃってるの!?クレメンタイン



1月の新刊&オススメ絵本情報

野生のロボット

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット