まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どの絵本読んだらいいですか?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どの絵本読んだらいいですか?

編: 向井 ゆか
出版社: かもがわ出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年01月
ISBN: 9784780309997

四六判変型/144頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

選んで読んで幼い子どもと楽しむ絵本ガイド

たくさんの絵本を前に、どんな絵本を読んであげたらいいのか迷っているお父さんお母さん、そして子どもとかかわるお仕事をされている方々へ。
かつて、マスコミにはいっさい登場しなかったにもかかわらず、数千人もの子育てママから「第二の母」と慕われ続けた伝説の絵本アドバイザーがいました。子どもの本の専門店「童話屋」の元読書相談員・向井惇子さんです。その気さくであたたかな講演が、一冊の本になってよみがえりました。
「とりあえずこの順番通りに読んでみて」と惇子さんがおすすめした「100冊の絵本リスト」と「読みものリスト」も掲載。

ベストレビュー

たくさんのことを教えられました

 「童話屋」は現在「詩と絵本の出版社」として良質な本を出版していますが、かつては渋谷などに書店も構えていました。
 開店したのは1977年で、「ほんとの子どもと大きくなった子どものための本屋」として、その店づくりや品ぞろえにこだわっていたそうです。
 この本はその「童話屋」で読書相談員をされていた向井惇子(あつこ)さんが、2003年(平成15年)の秋に東京の目黒区東山社会教育館が企画した「子育てに絵本を」という講座で2回講演されたものを記録として編集したものになっています。
 向井惇子さんは1931年に生まれ、2017年に亡くなっています。生前の活動は多岐にわたっていますが、巻末に掲載された東山絵本勉強会の星望さんの「受け継がれていくもの」という文章の中で詳しく紹介されています。

 「子育てに絵本を」というタイトルの講演でしたが、向井さんは「赤ちゃんに、本は必要ありません」と言っています。
 どういうことかというと、赤ちゃんが言葉の大切さをわかるようになってからで絵本を読み始めてもいいと言っています。
 それがだいたい2歳過ぎ。
 しかし、だからといって、それも個人差があるので、決めつけないことも大事だと言われています。

 また、絵本を選ぶときに大事なこととして、こうまとめています。
 もっとも大事なのが、お話。
 その次に絵ですが、お話を深く理解できるもの、また楽しめるもの、そして美しいこと。
 なによりも、選ぶ人がきっちりと吟味すること、つまり自分で読んでみることを薦めています。

 でも、どんな絵本を選べばわからない人はいるでしょう。
 そんな人のために、向井さんが薦める絵本や読み物のリストも付いているので、安心です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

どの絵本読んだらいいですか?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット