話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
放課後の文章教室
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

放課後の文章教室

  • 児童書
著: 小手鞠 るい
絵: 植田 たてり
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2019年08月02日
ISBN: 9784038082702

小学校高学年から
19cm×13cm/174ページ

出版社からの紹介

SNS、感想文など、文章について、若い読者からの質問に著者が答えます。
文章読本の形をとりながら、人生論にも通じるエッセイ。

ベストレビュー

勉強になりました

表紙のブルー系がこの頃気になって(笑

小中学生の作文とか感想文とかの相談?
と、思ったら
大学生、小説家希望、成人・・・という方々の質問もあり

いろいろな作家の方の文章を引用し
小手毬さんの文章による回答?解答?解説?に
へぇ〜、なるほど、そうなのかな・・・と、いちいち反応して
あ、この本読んでみようかな・・・とか
楽しんでいました

「根を張って木を立たせる」

「書くことは、考えることです」

「たったひとつのことばでも、百人の人が読めば、そこには、百通りの解釈が成り立ってしまうのです」

等々、当たり前のようでも
文章にして、的確に説明されると
ストンと、おちてきます
いつの時代でも、正解が出てこない
「いじめ」について考える、文章にすることは
考えさせられます

びっくりしたのは
やなせたかし氏が恩師なんだそうで
やなせさんの文章に、なんか
気持ちがこもっているというか
なんか、やっぱり、すごい方だったんだなぁ・・・とか
思ってしまいました
あ・・・「優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物」という
本も出していらっしゃるんですね
読んでみます!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

こころ Vol.55 55 / ぼくたちの緑の星 / さまざまな違いを知るための、13歳からの読書 /  / スポーツのおはなし(リレー) 空に向かって走れ!  / 空から森が降ってくる



似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

放課後の文章教室

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット