オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

しいら☆さんの公開ページ

しいら☆さんのプロフィール

その他の方・50代・宮城県

自己紹介
保育士歴11年ちょっとで退職。子育て歴27年(+_+)ゞなんだりかんだりボランティアに首を突っ込んで・・・(^^ゞ興味のあるものには、なんでも挑戦♪
好きなもの
絵的なモノ・雑貨的なモノ・文字的なモノ・音楽的なモノ・踊り的なモノ
ひとこと
1日10個楽しい事探し♪
ブログ/HP
人、モノ、何でもいろいろな出逢いを紹介出来たら・・・と、思っています。

しいら☆の宝石箱

公開

しいら☆さんの声

4103件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい のんびり いこう〜か!  投稿日:2019/04/18
かめくんのさんぽ
かめくんのさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
わっ!
ぞうくんじゃなくって
かめくんが主人公になってる!?

びっくりして
すぐに図書館にリクエスト

おもしろ〜い

かめくんの目線ですよね

ほかのみんながお昼寝中だなんて・・・
でも、かめくんは、マイペース
それがいいんですよねぇ

で、いつものごとく・・・
と、なるほど、こうきましたか!?(笑

これは、第1作とあわせて読みたいかも!
私が持っている
第1作「ぞうくんのさんぽ」は
1977年初版だったんですねぇ〜
しみじみ・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おんぶって、いいよね♪  投稿日:2019/04/17
おんぶおんぶの ももんちゃん
おんぶおんぶの ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
あっ!20作目が出るんだ!
と、ナビさんの紹介のを見てすぐに
図書館にリクエストして
きました〜♪

表紙は、ひつじさんをおんぶしているけど
もしかして
みんなをおんぶするのかな?

おばけちゃんは、軽くていいかな?

でも、さぼてんさんは?また、ちくちく?
大丈夫かしら・・・

と、いろいろ先読みしてしまうおばさんです(笑

へぇ〜、そうなんだ
で、最後は・・・

今度、おはなし会で読んでみようかな

今度、とよたさんの講演会が
宮城県図書館であるんです
今から、とても楽しみにしています
この作品の紹介もあるのかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこり♪ゆげゆげ〜  投稿日:2019/04/12
ゆげゆげ〜
ゆげゆげ〜 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: 教育画劇
「全ページためしよみ」で楽しませていただきました

さいとうしのぶさんの作品なので
超〜期待して
わくわくしながら

おもしろい視点ですよね
湯気にもそれぞれ個性があるのが
いいんです!

この湯気は・・・と想像して
楽しめます
ひとつひとつの湯気との
関わりを見ていると
全然飽きません

おばあちゃんとおかあさんが
一緒に
夕食に作っていたのは
やっぱり〜!!
おでんだった(笑

なんといっても
さいとうさんの食べ物や
生活空間の切り取り方が
とにかく上手です

家族みんなでいっしょに
「いただきます」、しているのがいいですよね

昭和のいい感じ
情がある雰囲気に安心するのかも
しれません

赤ちゃんが湯気を掴んでいたり
サンタさんの姿や
温泉もおもしろいし
まさかの地獄!!

最後もおもしろいです

寒〜い冬にお薦めしたい1冊です
って、私はいつでもながめて
にたにたしちゃう作品かも(笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい!!体験的レポート絵本  投稿日:2019/04/11
家をせおって歩く かんぜん版
家をせおって歩く かんぜん版 作: 村上 慧
出版社: 福音館書店
私は、ハードカバーの本ではなく
月刊のほうで読みました
もしかしたら、ちょっと違うのかしら?

本当に「家を背負って歩いている」
やっちゃってる〜
仙台にも来てたみたいです

スケッチもすごい上手です〜

その地域の様子や
人との関わりも興味深いです

大阪の小学2年生が自分で作って
やってきたり
新潟県の特老では
お年寄りの方が「かわいそうだ」と言う人もいるし
「すごいものがきた」と目を潤ませてるおばあちゃんがいたり

実体験としての本
すごいなぁ〜、感心するしかありません

こどもだけでなく
大人にも刺激的な発想だと思います
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい レンゲの冠!  投稿日:2019/04/11
はるのくさばなあそび
はるのくさばなあそび 監修: 大久保 茂徳
写真: 佐野 高太郎

出版社: ひさかたチャイルド
表紙の写真に惹かれて
図書館から借りました

子どもの頃、白つめ草では
何個も作った冠、首飾り
次の日には、枯れて茶色になってしまうのですが
飽きもしないで(笑

保育士の時も
手の器用な子はどんどん作ってましたね

でも、レンゲで遊んでみたかったなぁ〜

知っている遊びが
とてもわかりやすい
きれいな写真で紹介されています

身近な花にも「雑草」ではなく
名前があることに気付いてほしいですね

で、びっくり!
瓶に入った綿毛!!
これは、やってみたいです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい発想!  投稿日:2019/04/11
おしいれじいさん
おしいれじいさん 作: 尾崎 玄一郎 尾崎 由紀奈
出版社: 福音館書店
すごく気になって
図書館にリクエストしたら
ハードカバーのは、出版されたばっかりだからか
月刊のほうで届きました

押入れに住んでいるのは
ねずみばあさんだけじゃないんですね!!

インパクトあるちょんちんアンコウ?
まさかの押入れに住んでいるんです
で、何をしているかというと・・・
オチというか、これが、またいいんですよ
うちの押入れにも
もしかしているかな?
と、想像が膨らんじゃいます
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後のオチにびっくり!  投稿日:2019/04/09
らくごえほん てんしき
らくごえほん てんしき 作・絵: 川端 誠
出版社: KADOKAWA
あっ!
川端さんの落語絵本の新作だ!!
と、全ページためしよみで
楽しませていただきました

なんか、絵が明るいというか
軽い?というか
と、縁取りが以前のように
黒く太くないからかしら?

と、思いながら読んでいくと
聴いたことある落語?昔ばなしで?かも・・・
なんだっけ・・・
オチは、何だっけ?

と、え〜っ!!!
そうなの???

「知ったかぶり」には、どうにも
笑っちゃいます
心当たりがあるから?(笑

最後に、川端さんの解説もあります
その「オチ」を読んでも
ピン!とこなくて
川端さんのオチが1番、わかりやすいかもしれません
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほっこりしますよ  投稿日:2019/04/06
はりねずみくんの あかいマフラー
はりねずみくんの あかいマフラー 作・絵: はらだ よしこ
出版社: 講談社
といかやさんの作品?
と、思ったら、違いました
やわらかい、やさしいタッチの絵です

今、流行のはりねずみ ですね
インスタ映えするとか
絵にしても、なにか
かわいらしい感じなのかしら

おはなしは、これまた
ほっこり
です

冬のおはなしで
雪の風景の中で
赤いマフラーはとても目立って
あたたかそうです

ひつじのばぁば が
そのマフラーを編んでくれたのですが
そっか!
毛糸→ひつじ
なのかな?

突然ひつじのばぁばだったので(笑

なくしちゃって大変・・・
悲しい気持も共感してしまいます

でも・・・大丈夫!!

ばぁばの家には
みんなとの絵?写真?も
飾ってあります
とても、ホッとするおはなしです
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 是非、先生方に、まずは読んでいただきたいです  投稿日:2019/04/03
教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ 作: 蒔田晋治
絵: 長谷川 知子

出版社: 子どもの未来社
久し振りにこの表紙に逢ったような気がして
読み返してみました

う〜ん、やっぱりこれは
絵本ではありますが
小学校低学年より
上の学年にしっくりくるように思います

ちょっと、周囲が気になり
なんだか自分に自信がなくなってくる頃、時期に
みんなで読んでみたい作品だと
私は、思います

そして、もっとも読んでいただきたいのは
先生 でございます

読みきかせのおばさんより
担任の先生に読んでいただいて
日々、事件やらなにやらありながらの
大変ながら、楽しい、おもしろい
クラスづくりをしていただきたいです

学校は、学習するところ
「勉強」・・・勉める(努める、努力すること)を強いる
場所ではあるのでしょうが
私的には
知識を得るには、別に集団でなくてもいいわけで

学校という集団の中で
育むものは
この作品で述べられているように
お互いに違う感覚、みんな違う
だからこそ、ぶつかりあったり
補ったり
気付きあうこと
そして、高目あいながら、みんなで成長していく
こどもだけでなくて
大人も、ね

ちょうど、もうすぐ新学期!
元号も変わるという
ちょっと心機一転で、いかがでしょ!?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「まいごりら」、あと2こ どこだろう・・・  投稿日:2019/04/01
ぼくはまいごじゃない
ぼくはまいごじゃない 作: 板橋 雅弘
絵: シゲリ カツヒコ

出版社: 岩崎書店
シゲリカツヒコ氏の作品は
とにかく気になります
絵がリアルで
細かいところまで、しっかり描かれていますし
この作品では
「まいごりら探し」!が楽しめます(笑

表紙から、このキーホルダー?
が迷子なのかな?
と(笑

なんとも、私2こも探せないでいます(汗

迷子になった時の
こどもの視線を
うまく描かれているように思います

本人にしてみれば・・・
ですが
周囲にしてみれば、叱りつける事の方が
優先してしまいますね

いたずら好きなお兄ちゃん達の
心配振りもミモノです
参考になりました。 0人

4103件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット