話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

つれてこられただけなのに 外来生物の言い分をきく
  • ちょっとためしよみ

つれてこられただけなのに 外来生物の言い分をきく

  • 絵本
著: 有沢 重雄
絵: 今井 桂三 むらもと ちひろ ウエタケ ヨーコ サトウ マサノリ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年07月08日
ISBN: 9784035285908

小学中学年
190mm×130mm 119ページ

出版社からの紹介

外来生物48種が、人間が日本に持ちこんだのに「わるもの」となった不満を、生物自身の「言い分」としてコミカルに、味わい深いイラストとともに語り、持ちこまれた理由とその後の経緯も解説する本。監修は上野動物園元園長の小宮輝之氏。池や堀の水を抜くかいぼりや、釣りや川遊びで外来生物を捕らえたとき、多くの場合、おとなも子どもも持つ感情は「よそものは排除すべき」という……ちょっと待って。それは正しい? 外来生物も、在来生物と同じ一つの命。外来生物は、日本に来たくて来たわけじゃない。ほとんどが、食用、観賞用、害獣退治など、人間の勝手な都合でつれてこられたもの。たしかに日本の自然と生物多様性をおびやかしているものが多いけれど、つれてきたのは人間。外来生物たちはこう言いたいにちがいない。「つれてこられただけなのに」と。

ベストレビュー

切なくなります

一見すると、もう日本の自然に馴染んでしまった生き物達。
近年、「外来生物」という言葉がメジャーになることで、一気にクローズアップされてきたように感じます。

日本の生き物の生態系を脅かすだけでなく、人間の普段の生活にも被害を及ぼすことのある外来生物達。
けれど島国日本に自発的にやってきた生き物は殆どなく、何かしらの理由があって、連れてこられて、いらなくなって捨てられて・・・
そんな生き物ばかり。
反省させられるというか、考えさせられることばかりです。

(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


有沢 重雄さんのその他の作品

だれの手がた・足がた? / カラスウリ / せんせい!これなあに?(6) 生きもののサイン / せんせい!これなあに?(5) おち葉 / どんぐりむし / せんせい!これなあに?(4) 野はらの葉っぱ

今井 桂三さんのその他の作品

小学館の図鑑NEO まどあけずかん 英語つき むし / どうしてそんなかお?虫 / わたしの研究(10) 田んぼの学校・タガメビオトープの1年 / わたしの研究(7) タガメはなぜ卵をこわすのか?−水生昆虫の<子殺し行動>の発見

ウエタケ ヨーコさんのその他の作品

ヤバかわ! ユルすご!! まるごとサメ事典

サトウ マサノリさんのその他の作品

くわがたむしのなつ / も〜っと わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑 / あし あし だーれ? / くちばし だーれ? / だれでもおんど / なつのもりの かぶとむし


絵本ナビホーム > > つれてこられただけなのに 外来生物の言い分をきく

ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

つれてこられただけなのに 外来生物の言い分をきく

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット