話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

旅する小舟

旅する小舟

  • 絵本
作: ペーター・ヴァン・デン・エンデ
訳: 岸本 佐知子
出版社: 求龍堂

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥3,080

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年11月10日
ISBN: 9784763021281

A4変型判 96ページ

出版社からの紹介

これは小さな紙の舟が大海原を超えていく旅を描いた、文字のない絵本。

鬱蒼と生い茂る森を抜け、葉っぱの影をくぐり、氷山の間を、魚たちの集団を通り抜け、嵐や大波に飲まれそうになりながら、恐ろしい海の怪物たちの間も抜けて進む小舟。

小さな舟はいつも独りぼっち。

でも、独りだからこそ、波の上にも下にも広がる驚異的な自然の美しさ、素晴らしさに気づくことができる。

大人の読者も子どもの読者も、成長することや学ぶこと、そして人生のアップダウンや苦楽についても、この静かで力強い物語から大いなるインスピレーションを得られるだろう。

ベストレビュー

冒険心

紙で折った小舟に乗せたのは、作者の冒険心だったのでしょうか。
到着した場所で舟から降りてきた人影に驚いて、スタートからもう一度小舟の旅を見返しました。
様々な出来事に翻弄されながら旅する小舟でした。
文字がなく、モノクロームに徹した絵本なので、否応なく想像力は膨らみます。
これに色があったら、写真のように描かれたら、現実感をもった魔力を備えるのかしらと、その呪縛からの距離感にほっとしました。
小舟は様々な危険を乗り越えながら旅を続けます。
待ち受けているのは、得体のしれない魚人や怪物たち。
今まで生きて来た、自分の人生に合致するような、しないような、不思議な納得感がありました。
仕事をリタイアしたからこその感想でしょうか。
それならば、小舟の旅は終わっても、乗っていた自分の新たな次の旅がこれから始まるようにも思えます。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

岸本 佐知子さんのその他の作品

おばけと友だちになる方法 / ウサギ / ひみつのしつもん / 『罪と罰』を読まない / 掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集 / セミ



愛を伝える絵本 レビューコンテスト

旅する小舟

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット