話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
家守神(3) 金色の爪と七不思議

家守神(3) 金色の爪と七不思議(フレーベル館)

拓の小学校で怪事件発生!?

  • 笑える
  • 盛り上がる
小学館版 学習まんが人物館<第一期> 高村光太郎・智恵子

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 高村光太郎・智恵子


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥935

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 1996年12月20日
ISBN: 9784092701083

出版社からの紹介

智恵子の心の病にもめげず、変わらぬ愛を貫いた光太郎の人生をつづるストーリーまんが。

ベストレビュー

本職は、彫刻家・画家

このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ました。

高村光太郎と言えば、詩のイメージだったのですが、
本職は、彫刻家や画家なんですね。
本名が、光太郎と書いて(みつたろう)と読むこと、
十和田湖畔にある乙女の像が、光太郎の作品だったこと、
妻の智恵子が、晩年、うつ病だったことも、この本を読むまで知りませんでした。

息子は、学校の音読用の教材の詩集で、高村光太郎の名前だけは
知っていたようで、その詩の作者という角度から読み進めていったようです。

考えてみれば、作品を知る上で、その作品の作者のことを知るということは、
より作品を深く見ることが出来、良いことだなと思います。

光太郎が智恵子を生涯愛し続けた姿に、感動しました。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 伝記 > 小学館版 学習まんが人物館<第一期> 高村光太郎・智恵子

みんなで参加しよう!えほん祭

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 高村光太郎・智恵子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット