話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

アリババと40人のとうぞく

アリババと40人のとうぞく


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:AB判、32ページ

  • Line

作品情報

発行日: 2007年06月29日
ISBN: 9784097262381

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ひらけごま」が宝物への入り口の鍵でした

ベストレビュー

大好きなおはなし

「ひらけ、ごま」
このセリフ、私はなんとも頭に残って離れないのです。
多分、あこがれなんでしょう。このセリフで、ほらあなの岩をガラガラっと開けてみたいものです。
お話は、よくある欲張り男が罰を受けるところまでは、ふつうですが、そのあとの、盗賊とアリババ(正確にはめしつかいのマルジャーナ)の知恵比べが面白い。
マルジャーナの機転の利くところは、さすが!と目をみはってしまいます。
昔話もたくさんありますが、これほどはらはらどきどき、楽しめるお話は少ないでしょう。
子供もこのおはなしの面白さが気に入ったようです。

(イザリウオさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > アリババと40人のとうぞく

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

アリババと40人のとうぞく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット