話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
パパおふろ

パパおふろ(文溪堂)

お父さんと一緒にお風呂に入りたくなる絵本

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
はちこう 忠犬ハチ公の話

はちこう 忠犬ハチ公の話

  • 絵本
絵: いしだ たけお
文: くめ げんいち
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1971年09月01日
ISBN: 9784323002132

幼児
26.3×9cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人と動物の心のふれあいを描いた名作絵本。東京の渋谷駅にあるハチ公の像はいまも多くの人々に親しまれています。主人の死を知らず、雨の日も雪の日も9年間、駅にかよい主人の帰りを待ち続けた犬のハチ公。時代を超えて、人と動物の心のふれあいのすばらしさを伝える感動の名作です。<初版発行1971年9月>

ベストレビュー

はちこう

日本人なら誰もが知っている物語、はちこうの物語です。

私も名前と大体のあらすじは知っていましたが、この絵本で色々な事を知りました。

秋田犬であるということ、上野博士という方が飼い主だったということ、

その方がなくなられて9年も駅に迎えにいっていたということ。

4/8からはちこう祭りというものが催されているということも初耳でした。

なぜにこれほど日本人の心をつかむのか分かりませんが、息子もそのひたむきさに心
をうたれたようです。

読んだ後、涙しておりました。
(アマアマ47さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 教育 > はちこう 忠犬ハチ公の話

2022年5月の新刊&おすすめ絵本

はちこう 忠犬ハチ公の話

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット