話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

著: こどもくらぶ編集部 江口祐輔
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

税込価格: ¥2,750

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784540102608

出版社からの紹介

野生の鳥や獣による農作物などの被害が、今問題になっている。なぜこんなことになってしまったのか。私たちはどうすればよいのか。本巻ではイノシシを通して、野生の鳥獣とその被害について考える。

ベストレビュー

イノシシ被害の現状と対策がわかります。

我が家の住む地域も、
ここ数年イノシシの被害が頻繁に出るようになりました。
通学路にイノシシが出たという情報が入ると、
登下校中に保護者の見守りが必要なこともあります。
最近イノシシが増えているようなのです。
10年前にはイノシシは出没しない地域だったのに、
今では市内だけで年間3000頭も捕獲されているそうなのです。

その謎が、この本でわかりました。
人々の生活が変化し、以前は人を恐れていたイノシシが、
人を恐れなくなってきているようで、
全国的に、イノシシの被害は増えているようです。

里に出てくるイノシシは限られているそうで、
山の中で罠をかけてやみくもに捕獲するのではなく、
里に出てきてしまうイノシシを捕獲するだけで、
農作物の被害は減るとのこと。
イノシシの習性も詳しく載っていて、たいへん勉強になりました。
小3の息子も興味をもって読んでいました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

こどもくらぶ編集部さんのその他の作品

まちのしくみ / 見学!日本の大企業 イオン / 透視絵図鑑なかみのしくみ キッチン / 辞書・事典のすべてがわかる本 / 透視絵図鑑なかみのしくみ / 目でみる1mmの図鑑


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット