新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
おじいさんの机

おじいさんの机

  • 絵本
作: 立松 和平
絵: 鈴木 まもる
出版社: 河出書房新社

税込価格: ¥1,602

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784309730639

A4変 32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年がおじいさんに贈られた机の引き出しを開けると、昔見た風景が広がっていて少年はその中に入ることができたのです。私たちの命が多くの小さな命で支えられていることを心を込めて描きます。

ベストレビュー

黄金色の海

 机の引き出しを開けると、懐かしい風景が広がっている。ふるさとの風景。水をたたえた田んぼ。満天の星空。緑のじゅうたん。頭を垂れた、黄金色の稲穂の海。
 ココロの原風景を思い出すように、寛太は、引き出しを開ける。だけど、おじいさんは、本当に会いたいときだけ、引きだしを開けなさいという。がまんをするたび大人になってゆくような。
 べつに、我慢する必要はない気がするけどね。引き出しには、本当に大切なものを入れておいて、いつでも開けて思い出して、自分の元気にすればいいと思う。
 子供には何を話そうかなー。お米の一生?
(モロビとコゾリテさん 30代・パパ 男の子5歳、男の子4歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


立松 和平さんのその他の作品

現代語訳 はじめて読む法華経28品 深遠な教え、華麗な物語世界へ / 新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ / 子どもだって哲学(3) 家族ってなんだろう / 牧場のいのち / 木のいのち / 川のいのち

鈴木 まもるさんのその他の作品

光のカケラ / 流れ星レース / 波のパラダイス / ドルフィン・エクスプレス / 三日月ジョリー / 戦争をやめた人たち 1914年のクリスマス休戦



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

おじいさんの机

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット