星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
蒼路の旅人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

蒼路の旅人

  • 児童書

「守り人」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 上橋 菜穂子
絵: 佐竹 美保
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年05月
ISBN: 9784035403104

小学5・6年生から
22cm×16cm/366ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

チャグム皇太子は新ヨゴ皇国を救うため、罠と知りながら、祖父とともに海軍を率いてサンガル王国にむかう。守り人シリーズ外伝。

ベストレビュー

不安ばかりがふえて

帝とチャグムは、親子だけど、全然にていません。帝は、どうして子どもにあんな冷たい表情を見せるのかが、不思議です。帝だってチャグムや街の人達と同じ人間だからです。帝になったからといって急に神にはなれません。帝は、自分の子どもがロボットだったとしても、気にしないと思います。大人になったら、チャグムもこんなのになると思うと、悲しいです。ラウル王子は、おだのぶ長みたいな人だと思います。帝とラウル王子、どっちもどっちだと思いました。現実では、かみあわない意見のために戦争を続けていく「人」は、おろかだなと思いました。私は、戦争をやめさせたいと思う人が、戦争をやる人よりも多いといいなと思います。でも、そうではなかったら、世界は、かんたんにほろびてしまうんじゃないかなと考えました。1人の子どもの運命は少し残こくだなと思います。
(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上橋 菜穂子さんのその他の作品

軽装版 風と行く者 / 風と行く者 / 物語と歩いてきた道 / 角川文庫 鹿の王(1) / 角川文庫 鹿の王(2) / 増補改訂版 「守り人」のすべて

佐竹 美保さんのその他の作品

イーストンと音楽会 / 十年屋 / ちゃめひめさまとあやしいたから / 軽装版 封神演義(下) 降魔封神の巻 / 軽装版 封神演義(中) 仙人大戦の巻 / 軽装版 封神演義(上) 妖姫乱国の巻



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

蒼路の旅人

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット