どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪

  • 絵本
監修: 常光 徹
序文: 京極夏彦
出版社: ミネルヴァ書房

本体価格: ¥2,800 +税

「日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年03月20日
ISBN: 9784623062966

AB 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あめふりこぞう、がんばりにゅうどう、かつらおとこ、あかマント、など全33種類の妖怪を紹介

内容紹介

日本中にいる妖怪を、あらわれる時の「すがた」で分けて紹介。それぞれの妖怪の出没地や別名、危険度など、他の本にはない情報も豊富に掲載。本巻では、男の人のすがたであらわれる妖怪を紹介する。

ベストレビュー

黄金のかっぱ太郎

巻頭の京極夏彦さんのコラムの中にのせてある「東京台東区のかっぱ橋」に立っている黄金の「かっぱたろう」の銅像に笑えました。こんなかっぱもいるんですね〜。
「やまわろ」が一番最初に紹介されています。
紹介文は関係つでわかりやすいのですが、この姿はちっとも山に入った“かっぱ”の仲間には見えませんでした。(絵描きさんはどの文献を参考に描かれたのでしょうか)
最近一番人気の妖怪、“豆腐小僧”“雨降り小僧”は外せませんね〜。

「坊主の妖怪」の枠に“そろばんぼうず”というがいました。この妖怪はこの本を読むまで知りませんでした。
悪さをしないけど、ちょっと不気味な妖怪というのは結構好きです。

最後の方には現代の妖怪を紹介していました。
“ちいさいおじさん”や“さとるくん”は都市伝説のお話しでよく聞くものですが、とうとう、「妖怪」仲間に食い込んできたみたいです(笑)
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


常光 徹さんのその他の作品

怪談オウマガドキ学園 (29) 秋の闇夜の授業参観 / 怪談オウマガドキ学園(30) 異界ツアーで体験学習 / 怪談オウマガドキ学園(28) 飼育小屋のさけび声 / めしくわぬにょうぼう / 怪談オウマガドキ学園(26) 妖怪の出る時間 / 怪談オウマガドキ学園 (27) あけてはいけない道具箱

京極 夏彦さんのその他の作品

えほん遠野物語 でんでらの / おしらさま / えほん遠野物語 ごんげさま / えほん遠野物語 おいぬさま / えほん遠野物語 ざしきわらし / えほん遠野物語 かっぱ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

日本の妖怪すがた図鑑 (2) 男のすがたをした妖怪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット