ねずみくんのきもち ねずみくんのきもち
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
いじめや自殺の多い今、「おもいやり」や「想像力」の大切さを教えてくれる、ねずみくんからこどもたちへのメッセージ。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
はじめての古事記 日本の神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はじめての古事記 日本の神話

  • 児童書
文: 竹中 淑子 根岸 貴子
絵: スズキ コージ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年11月30日
ISBN: 9784198635176

小学校低・中学年から
タテ22cm(A5判) 128ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかし、この世のはじめには、天も地もなく、ただもやのようなものがうずまいているだけでした…。
天地創造からはじまる、日本の神話「古事記」は、大昔の日本人がどんなふうに考え、感じていたのかを、大らかに伝えるものがたりです。
「子どもたちに読んであげられる『古事記』がほしい」、という図書館・文庫の現場の声に応え、読み聞かせにふさわしく語りなおした、小学校低学年からは一人でも読める、古事記入門の決定版。

はじめての古事記 日本の神話

ベストレビュー

おおらかな世界

 スズキさんの絵の表紙にひかれて、読んでみました。
 古事記は、ほんとうにスケールが大きくて、いろいろな意味でおおらかな世界観です。
 オロチやイナバノウサギなど、絵本にもなっているお話もあります。
 かみさまだけど、人間のようにいたずらしたりケンカをしたり。こども向け書かれているので、読みやすかったです。
 スズキさんの挿絵も楽しかったです。
 
 子どもは、かみさまの名前がおもしろいなと言っていました。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スズキ コージさんのその他の作品

紙芝居 かまた先生の アリとキリギリス / やまのかいしゃ / コーベッコー / ドームがたり / でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

はじめての古事記 日本の神話

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット