話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
農家になろう(2) ミツバチとともに

農家になろう(2) ミツバチとともに

  • 絵本
写真: 大西暢夫
編: 農文協
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年09月
ISBN: 9784540121852

AB 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

角田公次(つのだ ともじ)氏。群馬県前橋市在住。昭和3年生まれ。『新特産シリーズ ミツバチ』著者。奥さんとふたり60〜70群のハチ(西洋ミツバチ)を飼う。「養蜂家は耳で花をみる」。花の下で聞こえる羽音で、花やミツバチのようすがわかる。自宅まわりには樹齢50年以上のサクラをはじめ、サイカチ、トチ、ウワミズザクラ、アカシアなど。「花と人間をつなぐのがミツバチ」、角田さんは今年も蜜源植物のナタネのタネをまき、クリやアカシアの苗木を植える。蜜源植物を育てながらハチを飼い蜜をしぼる角田さんの1年。
★平成25年 児童福祉文化賞受賞

ベストレビュー

これぞ食育!

はちみつを育てる農家の人の1年を見ることができる写真絵本です。普段食べているものがどこからどうやってきているかを子どもに伝えるのにちょうどいい絵本なないかと探していたんですが、このシリーズが大ヒット。食べ物を作り出してくれるハチに感謝し、ハチの蜜のもとになる花をたくさん植え、体調を管理しながら見守り育てる養蜂家さんを見ていると、共存という言葉を思い出します。発見もたくさんあるし、なにより養蜂家さんの考え方や愛情がすごく伝わってきて、これぞ食育。是非読んでほしい一冊です。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大西 暢夫さんのその他の作品

ホハレ峠 ダムに沈んだ徳山村 100年の軌跡 / お蚕さんから糸と綿と / ここで土になる / ちしきのぽけっと(13) 糸に染まる季節 / ぶたにく / 徳山村に生きる

農文協さんのその他の作品

今さら聞けない タネと品種の話 きほんのき / 果樹 vol.13 特集:注目・有望品種 つくりこなしの勘どころ カンキツ・クリ・ブドウ / 農家が教える 天気を読む 知恵とワザ 雲と風を見る・指標植物・寒だめしと暦・気象データ活用 / 今さら聞けない 肥料の話 きほんのき / 新型コロナ 19氏の意見 われわれはどこにいて、どこへ向かうのか / 最新農業技術 花卉 vol.12 特集:花の環境制御技術、ICT活用


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 農林業 > 農家になろう(2) ミツバチとともに

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

農家になろう(2) ミツバチとともに

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット