新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

天の岩戸アマテラス 日本の神話

天の岩戸アマテラス 日本の神話

  • 絵本
作: 飯野 和好
出版社: パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年05月19日
ISBN: 9784756254894

210mm×267mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

シリーズ第2弾! 飯野和好が迫力たっぷりに描く神話絵本

太陽の神アマテラスは、荒くれ者の弟スサノオの乱暴な振る舞いに呆れて、天の岩戸に閉じ込もってしまいます。世界が暗闇に包まれ困った神々は、アマテラスを岩戸から引き出そうと、ある作戦を立てます。魅力溢れる神々の姿を、飯野和好がダイナミックに描く。

ベストレビュー

『古事記』の世界を絵本で

「アマテラス」という女神がいて、天(あま)の岩戸に隠れてしまわれたおかげで、世界から光が消えてしまった。
 そのことを嘆いたまわりの神々が思案した結果、天の岩戸の前でみんなが楽しく騒げばもしかしたら女神は顔を出すかもしれない。
 それがズバリ的中。岩の外で何やら楽しそうにしているが、何だろうと女神が顔をのぞかせた瞬間をとらえて、岩戸が開けられ、めでたしめでたし。
 そんな神話を誰に教わったのか記憶にない。
 まして『古事記』を読んだわけでもない。
 でも、何故か岩戸の前で踊ったアメノウズメが現代でいうストリップを演じたということも知っている。
 確か手塚治虫さんの『火の鳥』の「黎明編」でも描かれていたから、そのあたりか。
 いや、それより前には知っていたような。

 しかし、前述した物語は大雑把すぎる。
 もっと詳しく、でも『古事記』を読むまでもなく、やさしく「アマテラス」のことを知りたいと考えている人には、飯野和好さんが描いたこの絵本をオススメする。
 何故「アマテラス」が天の岩戸に隠れなければならなかったとか、岩戸の前で騒ぐことを提案したのは誰だとか、「アマテラス」が 岩戸から外をのぞいたあとどういうことがあって外に連れだされたとか、絵本ながら、とてもわかりやすくまとまっている。
 しかも、飯野さんのあのごつんとした絵だから、神話の世界にどっぷり浸れる。
 絵本だから子供ではなく、大人が読んでも楽しめる貴重な一冊だ。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
2,420円
1,980円
770円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
660円
990円
1,320円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

天の岩戸アマテラス 日本の神話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら