新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん

  • 絵本
作: 子どもの権利・きもちプロジェクト
絵: えがしら みちこ
出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2023年06月30日
ISBN: 9784592763260

24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


知ることが未来を変える第一歩『ようこそ こどものけんりのほん』を親子で読もう!

出版社からの紹介

今、注目を集める「子どもの権利」を、えがしらみちこさんのあたたかいイラストがやさしく紹介してくれます。
権利というと、一見難しいイメージがありますが、子どもたちと子どもに関わる大人を守る大切なもの。
子どもの権利のはじめの一歩を親子で学べる絵本です。
カバー裏には子どもの権利条約ポスターを印刷。
2023年6月刊

ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん

ベストレビュー

権利と義務

紹介されている内容は、どれをとっても子どもにとって大切なことだと認識できるのですが、これらは「子どもの権利」だと語られて大人の自分はたじろいでしまいました。
しかもこの絵本は、国連で採択され、日本では1994年に批准された「子どもの権利条約」を基にしているというのです。
子どもに権利があれば、大人にはそれを保証する義務があるのです。
自分は、親のあるべき姿としての努力義務は感じてはいたのですが、いざという時には理想の親ではなかったと認識しました。
この「子どもの権利」をどれだけの大人が理解しているのか、改めて気になりました。

何より子どもの権利は、子どもと大人が理解し合い、お互いに納得と同意があって成立するものでしょう。
大人には、この協調路線を守るようにと、指導されているように感じました。

カバー裏に、子どもの権利条約のうち、第1条から第40条までが紹介されています。
それらをじっくり読みながら、襟を正したいと思います。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,980円
1,540円
1,540円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
550円
1,100円
1,210円

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
    出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    全席ファーストクラスのハトの飛行機でクリスマスパーティーへ!!プレゼントにおすすめの乗りもの絵本です



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ようこそ こどものけんりのほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら