新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ちょっとまってて!

ちょっとまってて!

作: アニタ・ハーパー
絵: スーザン・ヘラルド
訳: 小川 仁央
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,282

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1990年04月
ISBN: 9784566002852

21.5X21cm/28ページ

出版社からの紹介

あたしが何かしてほしいとき、パパやママったらいつも「ちょっとまってて!」。でも、あたしも…。カンガルーの家族の、かわいいユーモアあふれるお話。

ベストレビュー

「ちょっとまってて」は、万国共通語

1987年の作品。
原題は「Just a minute」と、それこそ文字通りの作品です。
それにしても、「ちょっとまってて」とは良く言ったもの。
この作品を読むと、万国共通語のような感さえしてきます。

物語の主人公は、どうもカンガルー。
前半は、カンガルーのあたしが、パパとかママに見て欲しいと言った時に、「ちょっとまってて」と言われるシーンのオンパレード。
これって、子供に対して本当に良く使ってしまう言葉の筆頭のような気がします。
身につまされる話なのですが、やはり、子供が見て欲しいと言った時は、それに応えるべきなのでしょうね。
それが、中々出来ないところに、我が身の勝手さ、時間に対する甘えがあるのだと思います。
限られた時間の中で、果たして何回、子供がそう願うのかを鑑みると、反省の念に絶えません。

後半は、今度は、あたしが、周りに「ちょっとまってて」という番。
やはりこれは、パパ・ママから伝播したに違いなく、今度は子供が共感出来る話です。

全体を通じて、淀みなく流れる展開で、読み聞かせし易い作品に仕上がっています。
親子ともども、「ちょっとまってて」という魔法の言葉を封じるようにしたいものですね。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
1,540円
1,650円
1,760円
726円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
990円
576円
1,848円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ちょっとまってて!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら