新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ふるさとはウクライナ

ふるさとはウクライナ

  • 絵本
作: 望月芳子
絵: ミヤザキケンスケ
出版社: ナイデル

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2024年02月24日
ISBN: 9784910985015

32ページ

出版社からの紹介

ウクライナ出身のバンドゥーラ奏者であるカテリーナさん。チェルノブイリ原発の近くで生まれ、生後1か月で原発事故に遭遇しました。そんな彼女が、日本でバンドゥーラ奏者・歌手として活躍するまでの様子を、1冊の絵本にまとめました。なぜカテリーナさんは、日本で演奏するようになったのでしょうか。そして、いま、どんな気持ちで歌をうたい、故郷ウクライナにどんな想いを抱いているのでしょうか。

ベストレビュー

ウクライナ出身者の哀しみ

日本で活動するウクライナ人にとって、今故郷が置かれている状況はとてもつらいことに違いありません。
自分が生まれ育った場所であり、家族も住んでいるからです。
そんな一人のカテリーナさんを描いた作品です。
本人が語れないところを著者がすくい上げたような絵本です。
生後1か月でチェルノブイリ原子力発電所の事故で被災したという生い立ちに、様々な思いがつながりました。
事故があって、避難した場所で育ったカテリーナさんが身につけた音楽が、日本で奏でられています。
第二のふるさとになった日本で、バンドゥーラという楽器を通して、平和への思いが綴られています。
一緒にウクライナのこと、福島のこと、様々な災害避難者のこと、平和のことを考えたいと思います。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,520円
990円
1,430円
880円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
1,595円
495円
4,070円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ふるさとはウクライナ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら