新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
展覧会の絵 ムソルグスキー 友情の組曲

展覧会の絵 ムソルグスキー 友情の組曲

  • 絵本
作: アンナ・H・セレンザ
絵: ジョーアン・E・キッチェル
訳: 藤原千鶴子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784566001770

26×26cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

1870年代のロシア。街は活気にあふれ、ロシアならではの芸術を生み出そうと、たくさんの若者たちが情熱をかたむけていた。そんな時代に作曲された、ムソルグスキーの【展覧会の絵】。この曲にかくされた、熱い友情の物語とは・・・。

ベストレビュー

組曲誕生エピソード

ロシアの作曲家ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」誕生エピソード。
文章量も多いので、どちらかと読み物に近いです。
曲のイメージ同様、シュールな絵が臨場感たっぷりです。
この曲は有名ですし、独特の世界観が印象的でした。
私も画廊や展覧会は好きですので、そこを歩いている様子を音楽にした、といわれて、
なるほど!と感嘆したことがあります。
でも、こんなエピソードがあったとは、私も初めて知りました。
ロシアのへんてこ魔女バーバ・ヤーガは絵本で知りましたが、
ちゃあんとこの曲にも盛り込まれていたんですね。
ロシアの雰囲気たっぷりの世界、もう一度CDをじっくり聞いてみようと思いました。
もちろん、ムソルグスキーの友情があってこその結実。
そのあたりも含めて、鑑賞したいですね。

(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,540円
1,760円
1,210円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

990円
5,720円
418円
2,090円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

展覧会の絵 ムソルグスキー 友情の組曲

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら