新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍

ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍

  • 児童書
作: キャロル・ウィルキンソン
訳: もきかずこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,420

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年09月
ISBN: 9784323070681

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
A5判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

中国・漢王朝を舞台にした感動の歴史ロマン・スペクタクル・ファンタジー!

名もない奴隷の少女が、漢王朝最後の生き残りとなった龍とともに、様々な苦難を乗り越えながら広大な中国を旅し、成長していく姿を描いた壮大な感動のファンタジー!

ベストレビュー

映画化してほしい一冊

文字も読めず、自分の名前すら分からない奴隷の少女が、宮廷の龍と外の世界に飛び出し、旅をしていく話。
ドラゴンキーパー1巻。
旅が進むにつれ、成長していく少女と少女の決断力や判断力に惹かれるものがある。
挿絵がないぶん、とても丁寧な文章で想像力が掻き立てられる。
学生時代にハリーポッターにはまって読んだときのような感覚で楽しめた。登場人物が少ない分読みやすいのでは。
龍と少女の絆が深まっていく中で、龍が大切にしている玉が何なのかこの1冊の中で明らかになる。出逢いと別れ、そして未来へ。
読み終わったときの満足感と2巻目の期待を味わってほしいと思う。
よく本を読む6年生に薦めたところ、「おもしろかった〜」と喜んでくれた。女の子にも男の子にもオススメの一冊。もちろん大人でも楽しめる本でした。
(かおプーさん 30代・せんせい )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,320円
1,045円
1,100円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
880円
4,950円
880円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ドラゴンキーパー(1) 最後の宮廷龍

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら