新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 2みぢかにいる神さま

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 2みぢかにいる神さま

  • 絵本
監修: 松尾 恒一
絵: 中谷 靖彦
序文: 松尾 恒一
出版社: ミネルヴァ書房

税込価格: ¥3,080

「みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 2みぢかにいる神さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年11月
ISBN: 9784623064670

32ページ

出版社からの紹介

山、海、田んぼ、まち、家のなか……日本には神さまがいっぱい!
[この本にでてくる神さま]
台所やトイレ、部屋のなかや庭など、わたしたちのみぢかに存在する神さまたちを紹介。

ベストレビュー

あちこちに神様 囲まれていますよ

神社やお寺、パワースポットではなく、主に家の中や人の暮らしている町の中に存在している神様を特集。漫画やゲームのキャラクター図鑑の形式で、絵もゆるキャラ風で親しみやすく、楽しい。神様というよりも、妖怪や妖精に近いような存在、人間の霊に近い存在も登場。
見開きには全国のありがたい神社とお祀りされている神様の地図、本文の始めと終わりには、日本の神道や仏教などのあらまし、庶民の宗教行事(お通夜など)が紹介され、全体を通してなんとなく日本の神様&仏様業界の様子がわかるように工夫されている。

日本全国津々浦々、どんな所にも昔の人は不思議な存在の力を感じて、神様や仏様をお祀りしたようで、台所や水道、便所などにも守っている存在があり、ちゃんとお名前もある。今の暮らしでは意識しにくいけど、昔は電気も水道もなくて、手作りの暮らしだったから、きっと生々しく不思議な存在を感じられたのだと思う。
でも、そのうち、現代社会でもスマホの神様とか、オンラインゲームの神様、車の神様などが出て来るかも?
2019年に生きる私が見ても、なんだかそんな存在があるような気がしてくるから、もしかすると未来はもっと妖怪〜神様まで、充実してくるかも。
(渡”邉恵’里’さん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

3,080円
2,200円
1,980円
1,980円
2,200円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,630円
1,760円
440円
5,060円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みたい! しりたい! しらべたい! 日本の神さま絵図鑑 2みぢかにいる神さま

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら