なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

渡辺諦さんの公開ページ

渡辺諦さんのプロフィール

その他の方・40代・東京都

自己紹介
アートや本が大好きで、子どもの頃よりも、今、絵本を楽しんでいます。

膠原病患者です。
(混合性結合組織病、関節リウマチ、シェーグレン症候群)
その他、間質性肺炎、甲状腺機能低下症があります。

読書は安全に楽しめる趣味の一つですが、せっかくなので、インプットだけではなく、アウトプットもしてみようと思い、レビューを書いています。
大人のための読書案内の、参考になればうれしいです。
好きなもの
演芸(落語、講談、浪曲、手品、お笑い、大道芸など)
読書(いろいろな本を読みます)
図工(絵画制作、手芸なども)
アートセラピー
東京の街歩き、下町や銭湯巡り、昔風の建物見学
喫茶店・カフェ
料理、自宅で「同居」しているぬか床とのお付き合い
6月は、梅仕事とラッキョウ漬けに精を出す(予定)
ひとこと
大人も楽しめる絵本を探しています。
図書館内のカフェや自宅でゆっくり、絵本を楽しみます。
絵本は誰でも楽しめるアートで、ちょっとした異空間に安全に旅行できます。
年齢に関係なく、いろいろな本を楽しむ事が好きです。

読書は、私のような持病のある人も、入院中も楽しめるステキな娯楽ですね。
ブログ/HP
mixi:読書会に参加した時の課題本、面白かった本の紹介と日記。
    本の他に映画などについても。

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100007188730590
 キリシタンなので、礼拝の説教を聞いた感想を書いています。

Twitter: https://twitter.com/erio20170122
 イタバシ読書会 でおススメ本、時事ネタなどをどきどき発信。

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

初期〜2020年ごろまで、読書・レビュー記載分

渡辺諦さんの声

424件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 微笑みをたたえた少女は小顔  投稿日:2020/05/06
世界のともだち(15) タイ バンコクの都会っ子 ヌック
世界のともだち(15) タイ バンコクの都会っ子 ヌック 写真・文: ERIC
出版社: 偕成社
タイの首都バンコクで生活する少女とその家族の日常を紹介した写真絵本。<生活のなかの人々の姿>をテーマに写真を撮り続けているエリック氏が取材・撮影。

2011年のタイの洪水災害を経験してもなお、人々は逞しく生き抜き、微笑みを絶やさないという。絵本に紹介されている写真は自宅や学校、市場などの日常の何気ない風景である。人が映っていない写真でも、人の気配や思いが感じられる。常夏の国でみんな夏の恰好をしているにも関わらず、涼しくて快適に人生を楽しんでいるように見える。学校の雰囲気はレベルが高そう。少年少女たちは課外活動やガールスカウト、習い事などをして充実している。
忙しそうだけど、余裕が感じられる。心が豊かになるように、一人一人が人の事を思いやったり、仏教の教えが生活に浸透していて心の支えや慰めになっているようだった。子どもたちも大人も小さな仏さんみたいな素敵な微笑みが印象的だった。
豊かな生活というのは、こういうことなのだろう。

タイの印象が変わった一冊。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カエサル、ハンニバル、クレオパトラ…有名人そろい踏み。  投稿日:2020/04/30
5 ローマの拡大と大将軍カエサル
5 ローマの拡大と大将軍カエサル 監修: 長澤 和俊
漫画: ムロタニ ツネ象

出版社: 学研
紀元前8世紀の都市国家ローマから始まり、ローマが勢力を広げていった後、東西に分裂し、西ローマ帝国が滅びたあたりまでを漫画化。地中海・ヨーロッパ周辺の勢力図が一覧できる絵地図や年表もあり、関係を整理しやすく工夫。ローマ帝国、ヨーロッパ、キリスト教の3つに分けて概要をまとめたありがたいコーナーもあり、世界史の入門に。

NHKラジオ第2で世界史をテーマにした番組があった。2020年1月〜放送されたもので、玉木 俊明氏のお話を楽しんだ。私は高校時代にまともに勉強ができてないので、大人になってから好きな歴史などを勉強できる機会があるのが嬉しい。子ども時代に、学校の勉強で「義務」的にやるよりも、大人になってから自分の意思でやるから、趣味を楽しむように素敵な時間を過ごせる。テストもないし。
ただ、世界史は範囲が広く、いろんな登場人物・組織・国家などの関係が複雑で、どこから手をつけていいかわからない。
その点、こういう子ども向けの学習マンガは、大きい流れをしっかりまとめ、わかりやすく、親しみやすく表現しているから助かる。
学研まんがは毎度、豪華なつくりで、情報量も多く、しっかり読み応えがあるので、少しずつ読み進めた。
基本的に各民族や国家の戦争の歴史だが、極端にデフォルメしたキャラクターや、巻末の資料などで頭に入りやすかった。

ただ、やや古い書籍なので、最新の歴史学者の考え方とは若干違ってきている部分もあるらしい。
とはいえ、一般常識、教養として大人が理解するには十分な内容なのでは?
世界史を学び直したい人にもお勧めします。絵が昭和な感じで、一定年齢以上の人には懐かしい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わたしたちのトビアスは、3部作。  投稿日:2020/04/14
わたしたちのトビアス
わたしたちのトビアス 作・絵: セシリア・スベドベリ
訳: 山内 清子

出版社: 偕成社
15才の兄と、10才と8才半と7才の姉たちの後に末っ子のトビアスは生まれてきた。生まれて10分後に、母は医師から「トビアスは障害児です」と告げられた。主産〜トビアスを受け入れ、ダウン症のトビアスについて書く事にしたいきさつが子どもたちの絵と言葉で語られる。

「私たちのトビアス」は1975年にスウェーデンで出版され、その後「わたしたちのトビアス、大きくなる」(1977年)、「わたしたちのトビアス、学校へいく」(1982年)と続く。
トビアスが生まれる前、生まれた後、赤ちゃん、幼児期、保育園、特殊学級。それぞれの場面でのトビアスのふるまいと、家族や友達の反応や対応。筆者であるトビアスの家族や兄弟の意見なども書かれていく。成長するのはトビアス本人だけではない。家族も結婚して家から出たり、再婚したり、亡くなったり…ダウン症の人の日常と関わっていく人たちの具体的な事例が、印象的な絵と文でつづられる。

3作目「学校」の最後に、トビアスが24歳の若者になったことが明かされた。性の目覚めや、職場(授産所)での活動、家庭での様子について、父が語る。
こんなにもトビアスは、家族に愛され、周囲の人に愛され、適切な対応を成されて生活を楽しんでいる。もちろん大変だったことも語られているけれど、こういう風にお互いを助け合うのが普通、という素晴らしい家庭に生まれてきた人たちは幸せだ。

障害を理解するためだけではなく、誰でも一度は読んでみてもらいたい作品。将来に希望が持てない時に読んだり、人間の愚かさに絶望した時に読んでもいいと思う。大事なことを教えられる本だ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 堂々と下ネタやくだらない質問をしていい本。  投稿日:2020/04/14
からだのひみつ
からだのひみつ 監修: 吉田 義幸
漫画: 井上 大助

出版社: 学研
天才&奇人の博士と、美人助手、わんぱく3人組小学生が、人間の体のあらゆる部分の「ひみつ」を探検しながら探っていくシリーズ。
消化器、骨と筋肉、心臓と血管、脳と感覚器。体を守る仕組み、性別と成長。巻頭には豪華カラー写真と余白には豆知識、とどこを見ても勉強になってしまう豪華な作りで、体の事を一通りマスターするまで逃げられません。ギャグ漫画系の絵で、駄洒落も多いので、ちょっとエッチな話やグロテスクなところも、抵抗なく理解出来てしまいます。
人気シリーズで、私が読んだものは、2011年発行で、第10刷。
昔、現役の小学生の時にも学研から、同じような学習マンガがあって、やはり同じような設定で体の中を探検した気分になって楽しみました。当時は小さい宇宙船みたいなものに乗って、口から肛門までずんずん飛んで行った。今や、胃カメラや内視鏡、他の最先端技術で、80年代あたりはSF扱いされていた話が実現しつつあって、驚く。そのうち、本当に、医者が飛行機に乗り込んで、小さくなって、体の中に入っていって、治療するかも!?

「胃は肉(たんぱく質)を溶かす液体を出しているのに、どうして自分は溶かされないの?」という質問をしていたのも覚えている。

時代を越えても、みんな人間の体は不思議に思うのだ。
「どうして足がしびれるの?」「どうしておならはくさいの?」「赤ちゃんはどうしてできるの?」など、子どもに聞かれてたら答えられない&答えにくい質問も、どんどん答えてくれているので、とりあえずお子さんに与えてみたらいかがでしょう?
勿論、自分の体の事をよくわかっていない大人も、今からでも遅くないので、一度読んでみてください。そしたら、ちょっとくらい優しくなれるかもよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 悠久の時の流れの中の、つかの間の生を思う。  投稿日:2020/04/11
桂三枝の落語絵本シリーズ(1) 美しく青き道頓堀川
桂三枝の落語絵本シリーズ(1) 美しく青き道頓堀川 作: 桂三枝
絵: 黒田 征太郎

出版社: アートン
新作落語の大家、桂三枝師匠の話を元に、素朴でユーモラスな絵で人間に必要な哲学と真実をお届けする作品。古典落語では表現できない現代の空気、笑いで包まないと届けられない深刻な問題が、うまいこと心に突き刺さって考えさせられる作品だ。

話は、汚染された道頓堀川に住む亀の親子の会話で始まる。息子はきれいな川に移住しようと旅立とうとするが、父は汚染されても故郷である川に執着する。しょうもないギャグや、地球の歴史や環境についても語り、人類に対するメッセージも語る。長い話合いの後、息子ははやり旅立つが…

大人と関西人向け(特に大阪)の話である。道頓堀川についてのエピソードを知らないとわからないネタもあるので、はやりネイティブ大阪人が一番楽しめるからうらやましい。これから関西人になりたくてもなれない自分は不幸だとつくづく思った。
三枝師匠は落語のCDを最近好んで聞くようになって、師匠の人間愛と爆笑ギャグの数々を思いながら読んで、2倍楽しめた。初めて桂三枝という人の作品に触れる人は、最初の創作落語を聞いてから雰囲気をつかむと、より楽しめるかもしれない。

大人が読んでも十分読み応えがあり、考えさせられ、印象に残る素敵な作品だ。環境破壊が手遅れにならないうちに、一人でも多くの人が読んだらいいと思う。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知り合いのお子さんがてんかんだというので…  投稿日:2020/04/09
発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち
発達と障害を考える本(11) ふしぎだね!?てんかんのおともだち 監修: 原 仁
出版社: ミネルヴァ書房
小学生の2〜6年生の男女5人の学校生活で、発作が起きた時や薬の副作用などが原因でいろんな問題が起きる。先生や級友などと一緒にどうしてそうなるかを理解し、どうやったらうまくやって行けるかをさぐる。事例の漫画の後、てんかんの仕組みや気を付ける事などの概要が紹介される。巻末には参考資料・WEBサイトなども。

 知り合いのお子さんがてんかん、というので、どういう風になるのか興味をもった。てんかんの発作というと、体が痙攣して硬直する発作しか知らなかったが、この絵本を見て、発作にはいろんな出方があることを知った。もし、てんかんの発作の事を知らなかったら、学校や職場で誤解されるだろう。
てんかんでなくても、薬を飲んだり、病院に行ったり、他の子と違う事をするとからかわれたり、いじめられたされがちだ。私は長年持病があるので、健常者から奇異な目で見られたり、病気の症状を「怠け」「言い訳」などと誤解されて迫害を受けた経験があるから、この絵本に出てくるてんかんの子の気持ちがよくわかる。
でも、もし、自分が病気をせず、全く健康で、病気や障害の事を知らなかったら、きっと彼らを理解しようとせず酷い事を言うだろう。

この絵本では、てんかんのいる子の教室全体が理解する努力をし、全員が好意的に受け取り、協力している。現実は、そううまくいかない事も多々ある(知り合いのお子さんは、いじめられていた)が、よい事例を目標に取り組む事は価値があるはずだと思う。
てんかんを始め、全ての病気や障害について正しい理解が広まり、生活しやすい社会になって欲しい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごい所にお住まいで。  投稿日:2020/04/07
おばけのアッチとおしろのひみつ
おばけのアッチとおしろのひみつ 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
レストランで働くおばけのアッチとノラ猫のボンは、休みの日に友達の住んでいるドラキュラ城に遊びに行く。かくれんぼをしている途中、恐ろしい存在に次々と牢屋に入れられてしまう。三人は脱獄したが、おいしい匂いに引き寄せられ…
最後まで謎めいたかわいいホラー作品。

ドラキュラ城は、時々内部が変わるとか。建物自体が妖怪だ。知らないうちに怪談や牢屋や、部屋ができたり消えたり移動したりするような所に住むなんて、さすがドラキュラ一族。洋物お化けはスケールが違う。更に住人も知らない住人がたくさん(勝手に)住んでいるという。なんともにぎやかで、恐ろしいお城だ。
更にここでかくれんぼしようという、無謀極まりない試み。児童もののファンタジックな絵で見るので、ユーモラスな感じで楽しいが、ホラー映画で見たら夜中うなされそうだ。怪奇モノ・猟奇モノとしてリアルに空想できてしまい、怖い。
今回は、純粋に娯楽的なお話。いつも切ない気持ちになるところがあったが、こんな風に単純にドキドキして話を楽しめるのも素敵だ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らなかったことばかり。  投稿日:2020/04/05
発達と障害を考える本(5) ふしぎだね!? 新版 ダウン症のおともだち
発達と障害を考える本(5) ふしぎだね!? 新版 ダウン症のおともだち 監修: 玉井 邦夫
出版社: ミネルヴァ書房
ダウン症のお友達5人の学校生活の一例を通して、障害の特徴や生活の工夫の仕方をわかりやすく解説する絵本。第2部にはダウン症の仕組み、症状の特徴、育ち方、訓練や人づきあいの仕方などの総合的な解説。大人になったダウン症の人の事例も紹介。

見た目でわかりやすい障害だ。今まで何人かダウン症と思われる人に会ったことがある。この絵本に書かれている特徴の「人懐っこい」部分があり印象に残っている。どうしてそんなに楽しそうで、誰にでも笑顔で挨拶しているのか不思議な感じがしたが、この絵本を読んで納得した。
染色体の21番目が3本(通常は2本)あるのを図で表しているところが印象的だった。ほんの少しの違いが、大きく影響しているように思えた。
学校での生活の工夫の他に、大人になった人の事例も紹介されているところが素敵だ。働ける、収入を得られるのがどれだけ希望になるか。なかなか教科書通りにはいかないけど、時間と労力をかければなんとかなる気がした。

巻末に参考資料がたくさん紹介されているのも便利。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き生きと活動する魅力的な人物たち  投稿日:2020/04/04
ぼくんちの海賊トレジャ
ぼくんちの海賊トレジャ 作: 柏葉 幸子
絵: 野見山 響子

出版社: 偕成社
小学4年生の主人公の家に、雨の日の落雷で海賊船が落ちてきた。乱暴でワガママな海賊トレジャは「この世の果てにある青くて四角くてうたうもの」を探すために、少年を強制的に手下にする。無茶な行動に辟易しながらも、少年は目的達成のために覚悟を決めるが…

版画作家の挿絵が印象的。文章と絵の力で、登場人物たちが実に魅力的に立ち上がる。それぞれ強烈な個性があり、アクが強く、めいめいの流儀で世界を生きている。端役でも、おのおのの人生が違う。その人たちが交流すると、別々の世界が交錯して新しい物語ができあがっていく。
どんな場面でも、人物たちの個性が失われることがないので、読者側は好き嫌いが別れると思う。少年や少女のワガママぶりと、海賊のそれとは種類もスケールも違うが、それぞれがやりたいように生きようとするとぶつかる。ぶつかりながら、妥協したり、方向転換したりしながらずんずん「宝」に向かって突き進む。物語は、人間の身勝手さと温かさ、予期していなかった素敵なものを体験できる。

異界と現実社会が交錯し、またそれぞれの人がもっている物語が交差していく。小学4年生のある一瞬を切り取った話だが、これからそれぞれの人物たちが辿っていく道を予感させて終わり、余韻や余計なお世話的な空想を楽しむこともできた。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢とロマンを買った男  投稿日:2020/04/04
おとうさんのちず
おとうさんのちず 作・絵: ユリ・シュルヴィッツ
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
4才で第二次世界大戦のため、故郷のポーランドからトルキスタンに一家は移動し、物のない厳しい生活を強いられる。その日のパンにも事欠くなかで、幼い少年の父はなぜか一枚の地図を買ってくる。
空腹に苦しむ少年は父を恨むが、壁に貼られた地図によって少年の心はまだ見ぬ外国へいざなわれ、空想の中で世界中を旅することができ…

戦争を扱った作品だが、爆撃や兵隊が出てくることはなく、庶民の暮らしが描かれる。親子は爆撃のない地方に逃げ延びるが、苦しい暮らしにあえぐ。デフォルメされた絵が、言葉以上にその苦しみや悲しみ、やるせなさ、怒りなどを語る。背景に書き込まれた人たちや風景も、戦争の愚かさを語っていて切ない。
どんな困難の中でも、想像力や楽しみを見つける力が、人をすくってくれ、夢と希望を与えてくれる。2008年に発行された絵本だが、現在の話として私は受け取った。戦争以外でもいろいろな困難がある。その時、与えられたものの中に楽しみや想像力を働かせて将来を良くしていくものが隠されていると思った。

様々な国を回る場面の、洒脱な絵が見どころ。
巻末に筆者の生い立ち・解説もあり、作品をより深く楽しめる。
参考になりました。 0人

424件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット