新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ

渡辺諦さんの公開ページ

渡辺諦さんのプロフィール

その他の方・40代・東京都

自己紹介
アートや本が大好きで、子どもの頃よりも、今、絵本を楽しんでいます。

膠原病患者です。
(混合性結合組織病、関節リウマチ、シェーグレン症候群)
その他、間質性肺炎、甲状腺機能低下症があります。

読書は安全に楽しめる趣味の一つですが、せっかくなので、インプットだけではなく、アウトプットもしてみようと思い、レビューを書いています。
大人のための読書案内の、参考になればうれしいです。
好きなもの
演芸(落語、講談、浪曲、手品、お笑い、大道芸など)
読書(いろいろな本を読みます)
図工(絵画制作、手芸なども)
アートセラピー
東京の街歩き、下町や銭湯巡り、昔風の建物見学
喫茶店・カフェ
料理、自宅で「同居」しているぬか床とのお付き合い
6月は、梅仕事とラッキョウ漬けに精を出す(予定)
ひとこと
大人も楽しめる絵本を探しています。
図書館内のカフェや自宅でゆっくり、絵本を楽しみます。
絵本は誰でも楽しめるアートで、ちょっとした異空間に安全に旅行できます。
年齢に関係なく、いろいろな本を楽しむ事が好きです。

読書は、私のような持病のある人も、入院中も楽しめるステキな娯楽ですね。
ブログ/HP
mixi:読書会に参加した時の課題本、面白かった本の紹介と日記。
    本の他に映画などについても。

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100007188730590
 キリシタンなので、礼拝の説教を聞いた感想を書いています。

Twitter: https://twitter.com/erio20170122
 イタバシ読書会 でおススメ本、時事ネタなどをどきどき発信。

マイ絵本棚

他の本棚

チェック済

公開

初期〜2020年ごろまで、読書・レビュー記載分

渡辺諦さんの声

552件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 道草をくっていた豊かな子ども時代に戻る  投稿日:2021/05/05
通学路の草花えほん
通学路の草花えほん 作・絵: 大島 加奈子
出版社: PHP研究所
小学生2年の少女が、学校から自宅に帰る道すがら。植え込みや人の家、路上に生える草花を一つ一つ名前で呼んで、確認していく。春夏秋冬、季節により変化する植物を紹介してくれる絵本。

小学校時代、農村の学校だったので、片道2キロを、徒歩で通学した。田んぼに畑に、時々人家があるような場所だったので、必然的に道草をくうようになった。文字通り、道に生えている草で遊んだり、勝手に持ち主がいると思われる果物の実を取って食べたり(もちろん洗わない)、草花を摘んで首飾りを作ったり、ハルジオンの花を鉄砲のように飛ばしてみたり、草笛をやったりした。
他にもいろいろいたずらをして、植物と戯れていた子ども時代を思い出した。当時は、とってもとってもどんどん生えてくる草花が、無限にあるものだと思っていた。

今はコンクリートで固めた道路や、手入れの行き届いた庭木、勢いがない街路樹などに囲まれている。当時のように無邪気に草花を摘み取ることはないが、時々、花を咲かせたりしている草木を見つめている。どんどん育っていくと、ある日突然、「除草」されてなくなっていたりする。大変ショックだ。
いろんな事情もあるだろうが、人間は植物さんたちと、もっと仲良くなれないものかと思う。
この絵本は、植物さんと仲良くなれる入り口のような感じがする。
優しい雰囲気で、正確な絵で、いままで知らなかった植物さんの名前を教えてくれる。大人になっても知らないことがたくさんあるとわかる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豆料理は難しいと思い込んでいた  投稿日:2021/05/01
豆でかんたんクッキング
豆でかんたんクッキング 出版社: 岩崎書店
小豆、大豆、インゲン豆、納豆、テンぺ、枝豆、そら豆、レンズ豆…
いろんな豆を使ったいろんな国の料理を紹介。家庭で簡単に作れるレシピと豆のコラムを交互に読んで、豆料理が身近になる。

豆は面倒、時間がかかる、手間がかかる、難しい…などという思い込みがどこからか私の頭に入り込んでいたのに、気がついた。
昔の台所ならいざ知らず、今は冷凍品、缶詰、レトルトパウチなど、すぐに料理に使える便利なものが、手軽に手に入る。
八百屋では、サヤインゲン、グリーンピースなどの新鮮で、簡単に食べられる豆もある。乾物を利用するにしても、「一晩水に漬ける」は、作業時間は1分程度であとはほったらかしでいい。茹でるのだって、圧力鍋など、短時間で料理できる方法がいくらかある。

それなのに、「豆は面倒」という思いこみは、なぜだったのか?

豆料理の最大のコツは、「豆は面倒」という思い込みを外すことだと思った。
今は、世界中の料理を閲覧できて、材料も簡単に手に入る。
生きているうちに、いろんな料理を実際に試せるすごい時代だ。
素敵な料理をどんどん作っていきたい。
この本は楽しい雰囲気で、簡単にできるものが多いので、やる気になれる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい え、中国から来たの?  投稿日:2021/04/29
ウメの絵本
ウメの絵本 編: 吉田雅夫
絵: 水上みのり

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
梅干や梅酒、盆栽などでもお馴染みの「梅」。
原産地、種類、日本に入ってきた経緯、利用法、栽培法を紹介した実用書てきな絵本。梅の木を育てて、手入れし、花や実を楽しめるように、巻末には詳しい解説も。

万葉集の時代にも愛されていたことから、日本にずっとある植物だと思っていたが、原産国は中国らしい!ヒマラヤ山脈のあたりでも、梅の仲間のアンズがあるとか、梅干でお馴染みの梅とすもも、あんずが親戚関係だとか、案外、身近にある植物はしらないことだらけだった。
昔の漫画で、おばさん〜おばあさんのこめかみに絆創膏がはってある場面があったが、あれは「頭や歯が痛い時に、梅干を張っていた」という。民間療法だったのか。よく知らなかったことが、次々分かって面白い。

農家の出身なので、庭先で梅の木を育てて、実を取って梅干にしていた。今は都会暮らしで、5月ぐらいにお店に並ぶ梅を買ってきて、小さなベランダでやはり梅干を作っている。市販品は、化学調味料や砂糖などの甘味料が入っていてあまり好きになれない味なので、昔風の酸っぱくてしょっぱい、常温で長期保存ができる梅干を作って楽しんでいる。
食用の梅も好きだが、最近は、盆栽や庭木などの花を楽しむ梅のよさも分かってきた。だんだん年齢を重ねて、わかってくるものが増えてうれしい。

この本は主に梅の栽培法を主体としているが、梅に限らず、植物の手入れは大変繊細な作業が多く、性質をよく知っていないと上手くいかないことが分かってよかった。
植物を見る目が変わる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこかのおじさんが洒落で作ったような話  投稿日:2021/04/28
ムニャムニャゆきのバス
ムニャムニャゆきのバス 作・絵: 長 新太
出版社: 偕成社
1991年ほるぷ社より出版。改定・復刊:2007年、偕成社。2012年に2刷発行。どうしても読みたい人がしつこくリクエストした様子が想像されて面白い経緯を奥付に感じた。

話の筋は、「ムニャムニャ」行きのバスが、途中で何度も停車しながら、乗客たちを降ろしていき、運行を続けるという、いたってシンプルな内容。
すごいのはどんな乗客が降りるか?だ。内容は本書を読んでのお楽しみ。乗客もただ者ではないが、バスも普通じゃない。作者の頭の中に展開している意味不明な洒落や、ナンセンス・ギャグが炸裂して、めまいがしそうだ。あなた、真剣に読んだらイケマセン。

こんな強烈な絵本がこの世に存在していることが素晴らしい。何にもメッセージがなく、誰も傷つけない冗談、ど〜でもいい展開。どれをとっても最高だ。いい大人が夜寝る前に読んで、楽しめる絵本を探していたが、まさにぴったりだ。変な夢をみて、美味しさ2倍。もちろん昼間に読んでもいい。こういう話を考えて、発表できる作者は幸せ者だ。なかなか酔っ払っていても、こうはいかない。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 昭和の古きよき喫茶店が効果的な話、2本立て  投稿日:2021/04/22
おしりたんてい やみよに きえる きょじん
おしりたんてい やみよに きえる きょじん 作・絵: トロル
出版社: ポプラ社
事務所の下にある喫茶店で、盗難事件の被害者にあい、早速調査に乗り出したおしり探偵。闇夜の路地裏で、女性ばかりが襲われる卑劣な犯罪は、おとり捜査の結果、意外な人物が犯人だった。

毎度、キャラクターが全員濃い我らがおしり探偵シリーズ。今回も、読者を巻き込んで調査が進む。迷路や人探し、謎解きなど、ボーっとしている暇はない!
今回は特に、女性のキャラクターが個性的で、それぞれの性格や来し方が一瞬で読み取れる表現力が素晴らしかった。人が好きで、人を観察し、分析し、特徴をつかみ表現する力が、ものすごい。話に関係ない脇役や風景の一部のような人たちにも、人生があり、物語になる可能性を感じる。そして、読者はそれぞれ好き勝手に登場人物を使ってお話をこしらえる。

この本は2本立て。どちらの話も喫茶店がうまいこと絡んでいて微笑ましい。ちょっとした人間ドラマで心温まる結末がうれしい。
ギャグも強烈だが、それ以上に人物に対する愛情が温かい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんどん変わっていくインド  投稿日:2021/04/19
体験取材!世界の国ぐに インド
体験取材!世界の国ぐに インド 著: 渡辺 一夫
出版社: ポプラ社
2007年発行。インド各地を取材し、現地の庶民の生活、仕事、子どもたちの学校生活(現地の小学校、日本人学校など)、食事、宗教や文化、歴史などを紹介する写真絵本。

私が子どものころ(1980-1990年代)は、インドといえば、バックパッカーが貧乏旅行で訪れて、現地で長期滞在して人生観が変わって、変な人になって帰国するという摩訶不思議な国だった。ターバンを巻いたインド人キャラのカレーやスナックなどのCMが、人種差別スレスレで放送中。「インド人、嘘、ツカナイ」などの妙なギャグが流行った、と記憶している。発展途上国、サイババなどの不思議な世界、スピリチュアル(当時はニューエイジとか、オカルトとか言っていた)などなど、正体不明の情報が飛び交っていた。

今は、情報が手軽に入る。現地で生活している人の発信する、身元の確かな良質の情報もふんだんにあり、「摩訶不思議な国」という印象はだいぶなくなった。
それでも、未だに物議を醸し出すカースト制度や、ものすごい貧富の差、地域ごとの文化や生活の違いなどなど、日本では体験できない現実がごまんとある。
印象に残ったのは、学校にいけない貧しい生活をしている子どもたちに、寺院が給食を提供していること。子どもたちも、特に卑屈になることなく、遠慮なくおかわりをして、普通に給食を受け取って暮している。
最近、日本では「子ども食堂」などの活動が広まりつつあるらしいが、インドではお寺やボランティア組織などが率先して活動を行っている。本書では取り上げられていないが、マザー・テレサの救済活動などもインドだ。いろんな人がいろんな活動をして、社会が成り立っていることを、この本を読んで改めて実感した。

貧困を自己責任として批判するのではなく、問題解決のためにできることをどんどんやる人が増えていくとよいと思った。

インドはどんどん変わっていくので、2021年現在は、また違った世界になっているはず。最新版を見たい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1193年に起きた仇討ち事件、絵本で体験  投稿日:2021/04/19
曾我兄弟
曾我兄弟 文: 砂田 弘
絵: 太田 大八
監: 西本 鶏介

出版社: ポプラ社
安元3年の秋、兄:一万(5歳)と弟:箱王(3歳)のは、父を殺された。兄弟は仇討ちを誓い、紆余曲折の末、成就させる。「曽我物語」などを資料にして、わかりやすい話にまとめた絵本。

絵を担当している太田大八氏は、いろいろな作風で多くの絵本を作っている。この作品の前には、「かさ」という前衛芸術のような絵本を鑑賞したばかりだったので、全く違う、純日本風の歴史ドラマを同じ人が描いているとは信じがたい。何でも描けて、素晴らしい。

曽我兄弟の仇討ちは、講談など、古典的な話芸で私よりも前の世代は割りと知っている人が多いらしい。私は、演芸の夢路いとし 喜味こいし「ポンポン講談」で題名だけは知っていた。元ネタになった話を読んでみたいと思ってこの絵本を手に取った。
重い話である。
親の敵を長年かけて討つ、という、現代にはない価値基準の世界や、戦争を日常的に行っていた武士の社会の様子、人間関係をうまくどうにかして権力などを得ていく人間の狡猾さなどが、しっかりと描かれている。
大人向けの話。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい POPなサメ図鑑 写真絵本が苦手な人へ  投稿日:2021/04/16
サメってさいこう!
サメってさいこう! 作: オーウェン・デイビー
訳: 越智 典子
監修: 佐藤 圭一

出版社: 偕成社
地球に住むサメを紹介。サメの種類、暮し方、食事、繁殖、体の特性などを、わかりやすくてお洒落なイラストで楽しむ。

けっこう専門的な説明があり、読み応えがある文章。サメの特徴を的確に捉え、わかりやすく単純化したイラストは、文字の説明がわからなくても、しっかり見てわかり、印象に残る。
科学絵本は、リアルな写真が苦手という人もあると思うが、この絵本は写真が1つもなく、全部イラスト。色がきれいで、怖くないように工夫した形なので、抵抗なく見られると思う。

サメの暮らしは、集団で狩をする、単独で小さなプランクトンを飲み込む、他の生き物と共生する、深いところにもぐって活動する…など、ユニークだ。映画やニュースなどで、人が襲われた場面を扇情的に描いたのを見て、私は恐怖心が強くあったが、実は人を専門に食べるサメはいないという。サーフボードに乗って泳ぐ人の形は、サメから見ると海がめやオットセイなど、いつも食べている生き物に似ているから、つい噛み付いてみたというのが真相らしい。
美味しくなければ食べない。サメも食べ物を選ぶのだ。

それよりも高く売れるために乱獲されるフカひれの犠牲者(犠牲サメ)や、間違って漁師に捕られてしまうサメ(商品として売れないと、海に捨てられる)など、人間がサメに対して行う残虐行為のほうがよほど恐ろしいと思った。
最後には海洋環境について、読者に考えてもらい、環境や生き物のことを尊重するライフスタイルの提案がある。

スーパーなどでパック詰めされて売られている「サメ」。他にも魚がたくさん売られているが、そんなに魚を食べる必要があるのだろうかと最近考える。魚が食べられない子どもがあったら、案外、時代の最先端を行く環境保護が実践できている人なのかもしれない。
今は他にいくらでも食べるものがあるのだから、フカひれや過剰に魚を捕って無駄に殺すことはないだろう。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい なんだかほっこりする  投稿日:2021/04/14
マムアンとマナオ
マムアンとマナオ 作・絵: ウィスット・ポンニミット
出版社: ミリオン出版
犬のマナオは、寒いのでお風呂に入らない。体がかゆくなり、掻いているのをマムアンちゃんに見つかる。寒い思いをしたくないマナオと、お風呂にいれたいマムアンちゃんの追いかけっこが始まる…

タイ・バンコク生まれの漫画家。雑誌ビッグイシューで4コマ漫画を見て、温かくて素敵な作風を知った。日常の小さな喜びや悲しみなどをユーモアを交えて描く。マムアンちゃんは、年齢不詳。読み手によっては子どもに見えたり、大人に見えたりする。「あまり悩んだりしないピュアな女の子」というプロフィールが、まぶしい。

お話自体は単純な話だが、ところどころに人生の真理のようなものが埋め込まれている。読み手によって、いかようにも深堀できるし、ふわっとした絵からいろんな情景を想像する楽しさがある。
あまり書き込まない画面で、色も穏やかなので、見ていて疲れない。不思議な癒し効果があるような、絵本だ。
一番最後の絵が好きだ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなか手ごわいなぞなぞに汗をかく一冊  投稿日:2021/04/12
かいけつゾロリ(13) かいけつゾロリのなぞなぞ大さくせん
かいけつゾロリ(13) かいけつゾロリのなぞなぞ大さくせん 作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社
前作「なぞのうちゅうじん」で、あやうく結婚させられるところだった宇宙人の王女様が、ゾロリを諦めきれずに地球まで押しかけてくる。偽の婚約者を用意し、適当にごまかして逃げようとする我らがゾロリ。しかし計画は上手くいかず…

なぞなぞが全てに優先する世界は、大変だ。いたるところになぞなぞがあり、なぞなぞが解けないと先に進めない。時に命の危険すらある。もちろんなぞなぞを解く&作るのが上手だとエリート扱い。モテるし、将来も有望。地球とは違う価値観、美的感覚が新鮮な一冊。
地球では迷惑がられているゾロリも、宇宙の基準では優秀で魅力的な王子様候補者となる。今までいたずらをし放題なゾロリだが、この作品ではあまりの宇宙人の理不尽さで、ゾロリがかっこよく見えてくる。

基準が違ってくると、見える世界が全然違ってくる。
何か困ったことがあったら、考え方を変えて世の中を見たら、うまい解決法がみつかるのではないか、と気づかされる。…とは深読みしすぎか。

あちこちになぞなぞがあるので、物語となぞなぞの2つの楽しみがありボリューム感満点。答えは宇宙文字で書かれているので、前作の宇宙文字対応表が必要になってくる。
2冊売りつけようとする、戦略的な児童書だ。まいった。
参考になりました。 0人

552件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット