新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ぼくらはいつもいっしょだよ

ぼくらはいつもいっしょだよ

  • 絵本
作: サム・マクブラットニィ
訳: 小川 仁央
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2013年10月10日
ISBN: 9784566001756

22×25cm/65ページ

出版社からの紹介

『どんなに きみがすきだか あててごらん』で世界中の人気者になったデカウサギとチビウサギの新しいお話ができました! ほほえましい友情のお話が4つ入っています。プレゼントにもぜひどうぞ。

ぼくらはいつもいっしょだよ

ベストレビュー

ほんのり温かい

『どんなに きみがすきだか あててごらん』の4つの短編集です。
・かくれんぼのき
幹にうろのある木のエピソード。
嵐で倒れた様子は、自然の驚異そのものでしょう。
だからこそ、チビウサギは、そのかくれんぼの木に怖気づいていた模様です。
でも、いざ、かくれんぼをする段になって、やっぱりそこに隠れるのですね。
好奇心が先に立ったのでしょうか、その勇気がほほえましいです。
・きりがおか
タンポポ飛ばしの遊びに夢中のチビウサギ。
わかるわかる、その気持ち。
ところが、霧が立ち込めて、一気に冒険モード。
かなりスリリングなのに、チビウサギの様子を温かく見守るデカウサギの様子にほっこりです。
・とおくののはら
好奇心旺盛なチビウサギをしっかり見守り導くデカウサギの存在感が嬉しいです。
だからこそ、一人の時も、その声に導かれたのですね。
この安心感、素晴らしいです。
・おうちに、かえろう
このシリーズの主題のアレンジ編でしょうか。
ぼくがいちばん、どこがすきだか、あててごらん。
確かに難題です。
もちろん、答えにほっこり。
心地良いおやすみストーリーに着地です。
小学生くらいから、ほんのり温かいストーリーを。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
990円
1,650円
1,760円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

495円
1,078円
576円
880円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ぼくらはいつもいっしょだよ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら