話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

二十四の瞳」 みんなの声

二十四の瞳 作:壺井 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2009年03月
ISBN:9784062826617
評価スコア 4
評価ランキング 29,301
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 二十四の瞳を初めて読んだのは小学生時代です。その後もこのお話は何度も読んでいます。私は20代の頃、地元でてらこやという学習塾を経営していたことがあります。様々な子どもたちとの交流もありました。それだけにこのお話はひじょうに興味深く、決して忘れることができません。これは瀬戸内海のある岬の分教場に勤める女教師と12人の教え子の心のふれあいを描いていますが、とてもホットな気持ちにさせてくれます。ほんとに素晴らしい作品だと思います。

    投稿日:2021/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

100万回生きたねこ / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット