宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あえるといいな」 @しーちゃんさんの声

あえるといいな 作:ネレ・モースト
絵:ユッタ・ビュッカー
訳:小森 香折
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年
ISBN:9784892385957
評価スコア 3.75
評価ランキング 32,911
みんなの声 総数 3
「あえるといいな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 友情は大切に。

    最初仲良く遊んでいたお友達が別の子と遊びだして、自分と遊んでくれなくなったので、自分も他のお友達を見つける。最初のお友達がふと思い出してくれたので、また一緒に遊ぶことにしたんだけど・・・
    一度読んだときは男女の関係に似ているな。とぽそっとつぶやいてしまいました。彼氏と一度別れたんだけど、やっぱ、もとさや〜でも・・・みたいな内容になっています。
    そんなこともあって、この本の主旨は間違っていないだろうか?と不安になりましたが、息子はそんなことはおかまいなしです。子供の世界ではアリみたいです・・・
    絵は綺麗で、一見、どろどろした関係の絵本みたいですが、犬なので、さらりと読めます。
    美しい絵本なので、何度よんでも飽きませんでした。

    投稿日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あえるといいな」のみんなの声を見る

「あえるといいな」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / どうぞのいす / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット