話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

ストーリーテリング その心と技」 おるがんさんの声

ストーリーテリング その心と技 作:エリン・グリーン
共訳:芦田 悦子 太田 典子 間崎 ルリ子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2009年12月
ISBN:9784772190497
評価スコア 4
評価ランキング 29,032
みんなの声 総数 1
「ストーリーテリング その心と技」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 図書ボランティアをされている方に

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ベテランのストーリーテラーさんでも、初心者さんでも、読み聞かせをされている方でも、この本を読むとより活動に磨きがかかる事間違いなし!!です。

    松岡享子先生の本を読んでストーリーテリングを始めました。
    おはなしを子どもたちに届けることに慣れた頃にこの本と出会った事に感謝します。

    おはなしを語ることは、決して自己表現ではないと改めて思いました。
    「お話を一番よい状態で語るためには、自分のしている行為に対して、充分な理解と誠実な気持ちをもっていることが大切です。お話を語る技は、自然に湧き出てくる素朴なもので、人為的につくりあげるものではありません」この本で紹介されたストーリーテラーの言葉です。

    慣れてくると、自分では気が付かないのですが、だんだんと初心を忘れてしまいがちです。
    お話をそのまま子どもたちに差し出すことの重要さを分かっていても、小手先の技を使っていることに気が付きます。

    以前、幼稚園にボランティアに行った時に園長先生が、「都会の人形劇を呼んだら、子どもたちにウケの良いようなアレンジがされていてがっかりした」とおっしゃっていました。

    子どもたちが思ったような反応を示さないからといって、媚びるような演出をするのは、子どもたちに失礼だと思います。
    反応をしなくても、心にちゃんと届いていると信じてもらいたいです。
    子どもの力とお話の力を信じて届けてもらいたい。
    この本を読んでそのような考えの方が増えますように。

    読み聞かせをされている方にも本の選び方など、とても参考になると思います。
    一人ひとりの心に届くように語りたいと思いました。
    これからも何度も読み返して忘れないようにしたい本です。

    投稿日:2011/01/28

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ストーリーテリング その心と技」のみんなの声を見る

「ストーリーテリング その心と技」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット