アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から」 てんぐざるさんの声

ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から 絵:カトリーン・ブラント
訳:藤本 朝巳
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年03月
ISBN:9784582834598
評価スコア 4
評価ランキング 22,331
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • ドイツでは有名な絵本作家さん

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    2010年に新しく出た「ヘンゼルとグレーテル」です。
    内容はほぼグリム童話の直訳と思える文章でした。
    カトリー・ブラントの絵は、いかにもヨーロッパの貧しい国の子どもという感じがにじみ出ていて、印象的でした。

    自分が子どもの初めて読んだ「ヘンゼルとグレーテル」はきらびやかで、美味しそうなカラフルなお菓子の家でしたが、
    こちらの絵本では、それほど美味しそうには見えませんでした。
    ただ、「食べるものがほとんどない」状態の子どもたちにとっては、ひどく美味しいものだったんでしょうね〜。

    気になったのはこの絵本に登場する魔女は、優しそうな振りをしていて、実は「子どもを食べる悪い魔女」という設定にしては、ちっとも意地悪く見えないし、怖そうにも見えなかったのが残念でした。

    絵本の全編を通して、バックのベースが黒。文章が白字で書かれているので、字が浮き立っていて、文章が多い割に、意外と読みやすかったです。

    「ヘンゼルとグレーテル」は声に出して読むと結構長いので、
    あまり低学年のお子さんに読んであげると、途中で飽きてしまうかもしれません。
    読み語りなら、小学校の中学年以上にお薦めです。

    ちなみにこの絵本のカトリーン・ブラントさんは、ドイツで絵本作家としてはとても有名な方のようです。
    それから、もうひとつ。
    この絵本の訳者は、最近知った素敵な絵本「お父さんの庭」を訳された方でした。あちらの絵本もとても素敵なので、まだ知らない方はぜひ、読んでください。、

    投稿日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から」のみんなの声を見る

「ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット