話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

桃太郎」 8ママさんの声

桃太郎 絵:齋藤五百枝
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年
ISBN:9784061482531
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,423
みんなの声 総数 6
「桃太郎」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 犬猿の仲のエピソード

    • 8ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    とてもすばらしい絵の絵本でした。戦前に描かれたという挿絵は、若武者姿の桃太郎。おじいさんもおばあさんも細かい描写があるので、「写真みたい」、と4歳の息子がいいました。服装も背景も日本らしいし、本当に日本の昔話、って感じがします。

    絵本の前後のページに解説があり、昔話・桃太郎のバックグランドがわかるので、こどもが大きくなっても読み続けていかれるような気がします。

    ところで、このお話には猿が桃太郎のお供になる場面で、犬猿の仲を示すエピソードが入っています。

    猿がきびだんごをもらって桃太郎のお供をすることになったとき、これをみていた犬が怒ってこういいます
    「さるなど、いくさの役にたつものか」
    すると猿もさけびます
    「犬こそ、鬼の顔をみたら、まっさきににげだすだろう」

    最初読んだときは、本文から話がそれる気がして気に入らなかったのですが、何度か読み返すうちに犬と猿は本来は仲が悪いと言われていることも教えられていいかな、と思うようになりました。

    投稿日:2009/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「桃太郎」のみんなの声を見る

「桃太郎」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ももたろう / 三びきのこぶた / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット