宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ」 花ぶらんこさんの声

あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ 作・絵:ケン・ウィルソン・マックス
訳:でんでんむし
出版社:JULA出版局
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784882841418
評価スコア 3.5
評価ランキング 39,031
みんなの声 総数 1
「あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 消防士になった気分で

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子8歳

    ケン・ウィルソン・マックさんの仕掛け絵本は
    好きでかなり揃えてました。
    イラストの線が不均等(筆ペンのような)で
    なんだか親しみやすい。
    男の子が憧れる消防車、火事現場へ出発です!
    はしごを引っ張り上げるところ、水ホースを動かせたり
    炎がゆらゆら動いていたりと
    もうガッガッと遊んでました。
    でもあまり小さすぎる子だとすぐ破っちゃいそうです。
    実際我が家でもボロボロなんです。

    投稿日:2006/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ」のみんなの声を見る

「あかい でかでか しょうぼうじどうしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット