ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

ねまさんの公開ページ

ねまさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、女7歳

ねまさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いっぱいガムをかみました  投稿日:2011/09/20
ノンタンほわほわほわわ
ノンタンほわほわほわわ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
自分が4歳くらいのときに、買ってもらった絵本です。これ読んだ後、いっぱいガムをかみました。いっぱい、いっぱいかんでも、ほわほわと飛ぶことは出来なかったけど、不思議と楽しかったことしか思い出せません。これがノンタンの魅力だろうなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい めっちゃ読んだなぁ  投稿日:2011/09/20
ノンタンおよぐのだいすき
ノンタンおよぐのだいすき 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンが私も大好きだったので、娘に買ってあげて読んだ本です。
大きい魚に食べられそうになるシーンと、大きい魚がお母さん亀のこうらでやられるシーンが大好きで、ほんと何度も読みました。かっちゃん、かっちゃん、ちょきちょき、かっちゃん、しらないなぁ〜かっちゃん。って大きくなったら言われそうですが(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こぐまちゃん。。。  投稿日:2010/08/24
こぐまちゃん いたいいたい
こぐまちゃん いたいいたい 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
「いたい、いたい」

と読むたびに

「こぐまちゃん、泣いてるなぁ」
「こぐまちゃん、かわいそうやなぁ」
「こぐまちゃん、いたいいたいやなぁ」

とこぐまちゃんのことをいろんな表現で教えてくれました。
まだ片言の時期だったのでそれがとてもかわいらしかったです。

こぐまちゃんがいたいいたいになった理由は、
ほんとに危ない事。

それをこぐまちゃんの気持ちになりつつ、
やんわり伝える事ができたので、
トラブルがあったときに、

「こぐまちゃんみたいに、いたいいたいになるよ」

と伝えると、悪い事や危ない事をしていると気づいていました。

「危ない」

を伝えるのに、ほのぼのしていて、よい本だなぁと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供のころから大好きでした  投稿日:2010/08/23
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
初めて読んであげたときは、「ぽたーん」のベージを何度も何度も指差していて、意味が分かっているのか、どうなのかと言った感じでした。何度も読んでも、「ぽたーん」のページは大好きで、なかなか次にすすめません。覚えているのに、何度も何度も「読んで!」とせがまれました。たまごがうまく割れないところにも、とても共感していて、台所でたまごを割ろうとすると、いつもお手伝い(?)にきてくれました。
参考になりました。 1人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット