おんせんたまご おんせんたまご おんせんたまごの試し読みができます!
文: 中尾 昌稔 絵: 河本徹朗  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ふう、あったかい。ああ、いいきぶん。のんびり、ゆったり、おふろだーいすき!

すけざえもんさんの公開ページ

すけざえもんさんのプロフィール

パパ・30代・、女3歳 女0歳

すけざえもんさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい がんばるお姉ちゃんにエールを!!  投稿日:2010/12/17
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
上の娘がお姉ちゃんになった時に読んであげました。
たまたま同じ「なっちゃん」であったためか
読み進めているうちに妻が感極まってしまいました。

自分もお兄ちゃんであったため
共感が持て感銘を受けました。

子供が自分より弱い立場の子供を見たとき
自分を押し殺すその優しい健気さは
とても愛おしく感じます。

でも、我慢のしすぎは毒ですよね。

この絵本では我慢するだけでなく。
大人がその健気さを目の当たりにし
わざと隙を作ってあげることで
子供らしさを引き出す術も教えてくれた気がします。

お姉ちゃん、お兄ちゃんは
「お姉ちゃんだから」「お兄ちゃんだから」
といわれる前から知らないうちにいっぱい我慢しています。

お兄ちゃんもお姉ちゃんも妹も弟も
みんなに読んでもらいたいけど
一番読んでもらいたいのは
パパとママとおじいちゃんとおばあちゃん
なのかも知れません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シリーズ1作目の怪作  投稿日:2010/12/17
11ぴきのねこ
11ぴきのねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
この絵本は自分が子供のころからあり
自分も子供のころからずっと好きで読んでいました。

子供が3歳になり「物語」を理解できるようになったのを機に
この絵本を読んであげることにしました。

この本を読み進めていると
「さかな、おっきいねぇ」「ねこさん、いたいいたいなの?」
「さかな、ねんねしてるねぇ」と興味津津。
最後のオチには「あーーーー!ほね!!」と
大きなおなかの猫を見て大笑い。

2世代でファンになったこの作品は
まさに怪作と呼ぶにふさわしいのでは?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こん!がんばれ!!  投稿日:2010/12/17
こんとあき
こんとあき 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
こんと一緒に旅行をするあき。
あきの知らないことを一生懸命こんがサポートします。

まるでお姫様を守る騎士の様。

あきを守るためにぼろぼろになったこんの
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と
気持が折れそうになるあきを励ますシーンに

「こん!がんばれ!!」

と心の中で叫び思わず目頭が熱くなる。

かわいらしいハッピーエンドに子供と一緒に胸をなでおろします。

絵本の見返しがこんの型紙になっていて子供のために作ってあげようかと思案中。

ちゃんとした作り方も福音館書店さんのHPに掲載してあります。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット