宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

キョトさんの公開ページ

キョトさんのプロフィール

その他の方・20代・埼玉県

キョトさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 夕日のシーンに感動!  投稿日:2015/01/15
みずはどうやってうまれるの?
みずはどうやってうまれるの? 文・絵: 松田 奈那子
出版社:
手にした時の第一印象は、カワセミかわいい!でした。

カワセミのぼうやが水ってどこからくるの?とゆう疑問をもち
ママに聞いてみます。
そんなぼうやに優しく教えてくれるママ。親子っていいなぁ。

大人が子どもの小さな疑問に答えることって、簡単そうだけど、なかなか難しい。
でもこの絵本を読んであげたらきっと、水の大切さとか、水が生まれるのにいろいろな生き物たちも関係していることを感じてもらえる?気がしました。

夕日のシーンでは色の美しさ、鮮やかさに心がはっとしました!
登場する動物たちもたくさんいて、どんな生き物がいるかな?と探すだけでも楽しめちゃいそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな帽子、あったら欲しいなぁ  投稿日:2014/07/01
どんぐりむらのぼうしやさん
どんぐりむらのぼうしやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
シンプルな帽子を売っていた、ぽー&ちい&くりん。

人気がなくなり、町へくりだします。
都心の様子にドキドキ…。
車、人も描かれていてどんぐりたちの世界がいかに小さいかがわかります。

鳥、ねずみ、トカゲなどどんぐりじゃないお客さんたちが来店。
ねずみ親子から新しいデザインの帽子の販売を思いつきます。
で、このレパートリーが素敵!
毛糸や拾った木の実や葉を利用してアレンジされた帽子たち。
カツラ?のような帽子もあったりして…。

そう!物語にもでてきますが「わくわく」が大切なんですね♪
子どもたちに自然と商売のたのしさをわかってもらえそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新メニュー「パンの…」!!  投稿日:2014/07/01
どんぐりむらのぱんやさん
どんぐりむらのぱんやさん 作・絵: なかや みわ
出版社: 学研
こっぺ&くっぺ(どんぐりむらのぱんやさんの子どもたち)
がゆ遊園地にいけなくなっちゃって、泣いちゃう気持ちわかるなぁ。

子どもの頃、「○月○日に遊園地いこうね。」と約束したら
その日に行けなくなっちゃった…とゆう大人の事情って通用しなかったな。
と思い出しました。

でも、新メニューをこっぺ&くっぺが頑張って作るぞ!とすぐに前向きになるところは、とても微笑ましいですね(☆ω☆)
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット