虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

ゆりりんママさんの公開ページ

ゆりりんママさんのプロフィール

ママ・30代・長野県、男10歳 女8歳 男2歳

ゆりりんママさんの声

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 他人を理解するということ  投稿日:2011/05/10
どんなかんじかなあ
どんなかんじかなあ 作: 中山 千夏
絵: 和田 誠

出版社: 自由国民社
小学校高学年の絵本選びにとても苦労していました。そんな中薦められた本。
人の痛みがわかるということのむずかしさ、人の気持ちをわかる努力をすること。そして、どんなにハンディーがあっても前向きに生きる大切さを教えてくれる。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 子供を育てるのに大切なこと  投稿日:2011/05/10
エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ
エドワルド せかいで いちばん おぞましい おとこのこ 作・絵: ジョン・バーニンガム
訳: 千葉 茂樹

出版社: ほるぷ出版
子供はあびせられた言葉で人格が形成される・・・・。
子供を完全に否定するのではなく、温かい目で育てていかなくては・・と心に響くものがありました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 永遠のテーマ  投稿日:2011/05/10
わたしのいもうと
わたしのいもうと 作: 松谷 みよ子
絵: 味戸 ケイコ

出版社: 偕成社
子供にいつかは読んでおいてもらいたい。
人を思いやる気持ちを改めて考えるために。

小さな子どもには、ストレートなお話で難しいかもしれないが、作者の賢明な気持ちがくみ取れる。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界のどこかでは。  投稿日:2011/05/10
ぼくがラーメンたべてるとき
ぼくがラーメンたべてるとき 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 教育画劇
絵がとても親しみやすい。言葉は少ないけれど、内容はなかなか深い。
子供がどのくらい理解出来たかはわからないけれど、読む年齢で感じることの違いが表れるものだと思う。
参考になりました。 0人

4件中 1 〜 4件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット