うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!

デビットデビットさんの公開ページ

デビットデビットさんのプロフィール

その他の方・20代・兵庫県

デビットデビットさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 悲しいお話です。  掲載日:2006/3/30
くまのこうちょうせんせい
くまのこうちょうせんせい 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
 声がでないひつじくんに大きな声で「おはよう」っていおうねといってから少したって、今度は校長先生の声が病気のため出なくなった。そこで子どもの気持ちに気付いてあげられる校長先生はすごい。

 また、手紙をよんで病気であっても自分を必要としている子どもがいるなら、学校へ行きたいという子どものことを考えて動く校長先生もすごいと思いました。

 このお話の内容はとても悲しいものだと思いましたが、読んでいくうちに校長先生に勇気を与えるひつじくんを見るようになって、悲しい話が勇気が出てくるお話へと自分の中で変わっていきました。

 私はこの本を小学校3年生ぐらいに薦めたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な感じがとてもすきです  掲載日:2006/3/30
アップルパイはどこいった?
アップルパイはどこいった? 作・絵: バレリー・ゴルバチョフ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
やぎくんとぶたくんの会話はどうも空想の世界のように感じた絵本です。
お話はヤギくんがケーキをアップルパイを買ったが、盗まれたという所から始まっていくのですが、最後の「大通りに風が吹いた」という台詞をヤギくんがはくまで風は吹いていなかったのに、いきなり吹き始めた。ヤギくんは予言者なのかなと思いました。
こんな夢のあるお話は是非とも小さな子どもたちに読ませたなと思います。また、めちゃくちゃ悩ませてみたいなとも思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食べることの大切さを再認識  掲載日:2006/2/20
ゴンダールのやさしい光
ゴンダールのやさしい光 作: みなみななみ
絵: 葉 祥明
英訳: 日本飢餓対策機構

出版社: 自由国民社
とても難しい絵本です。小学校高学年ぐらいにはおすすめの絵本です。とうもろこしと粉ミルクの入った小さな袋が一人一つしか与えられない。家族のためにもらいにきてももらえない。挙句の果てには、隣町から三日かけてやってきても食料がもらえない。
筆者が隣町からきた子どもを捜すが次の朝まで見つけることができなかった。
次の朝この子どもを泊めてあげた家族のお父さんが子どもたちに少ない食料を食べさせたという話をきき、筆者は自分が同じ立場ならできるかと考えた。・・・結論はできない。
飢餓に苦しむ人々のお話は裕福な日本とはかけ離れたことだが、子どもたちにはこれを読んで様々な世界があることを知ってほしい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの頃はこんなこと・・・  掲載日:2006/2/14
14ひきのかぼちゃ
14ひきのかぼちゃ 作: いわむら かずお
出版社: 童心社
子どものころは、何かを栽培するときに「はやくできないかな」と考えることがありました。また、必死で水をおげたことを思い出します。こんな状況を描いたのがこの絵本のように感じます。14匹シリーズはとても好きで未だに呼んでいます。特に、かぼちゃが成長するために色々な努力をするねずみの兄弟の印象が強いです。自分に子どもができたら絶対によんでやろうと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなことが・・・  掲載日:2005/12/9
すいかのたね
すいかのたね 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばちゃんの絵本はとても好きで暇があれば図書館へ行って読んでしまいます。このお話の面白い所は、すいかの種が怒ってすぐに芽を出して、ぐんぐん大きくなるところです。一日でこんなことが起こるなんて・・・考えただけでもおもしろい。またばばばちゃんはびっくりすることなくできたスイカをもぐもぐ食べるところもとても印象的です。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット