宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

りんたママさんの公開ページ

りんたママさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、男の子7歳

自己紹介
佐野洋子さんの絵本が学生の頃から好きです。
子どもが生まれてから、図書館で借りる絵本を毎月リサーチしています。
子どもが気に入った絵本、いい作品に出会うと自分も嬉しくなります。

りんたママさんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 素敵な絵  投稿日:2015/01/23
ダニエルのふしぎな絵
ダニエルのふしぎな絵 作・絵: バーバラ・マクリントック
訳: 福本友美子

出版社: ほるぷ出版
偶然出会って読みました。
息子は、最初はあまり興味なさそうでしたが、最後までじっと見ていました。

いつもは感想を言うことが多い息子ですが、この本では何も言わず。
でも、想像の翼を広げたこの絵の世界に何かを感じてくれたと思います。

きれい、かわいいとわかりやすい絵もいいですが、こんな不思議な世界も体験して、自由な発想力をもった人になってほしいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 発想が面白すぎます  投稿日:2014/10/12
ひみつのカレーライス
ひみつのカレーライス 作: 井上 荒野
絵: 田中 清代

出版社: アリス館
3歳1ヶ月の息子と読みました。
たくさん絵本を読んできましたが、こんな発想をするなんて!!すごいなと感心して、初めてのレビューを書いています。

カレーは大好きだけど、食が細いほうなので、食べることにもっと興味をもってもらいたくて、「カレー」と「食べるもの」がテーマのこの絵本を選びました。

正直、最初読みながら絵と少し昔の時代設定に、とまどいがありました。が、そこがまた独特の世界観をだしていて、味わい深いです。
ほんと、強烈に独自の世界があるんです。

こういう絵本をたくさん読んで、自由な発想をする子供に育ってもらいたいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 何度も読んで!  投稿日:2014/10/12
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
3歳の息子と読みました。
優しい気持ちになる、いい絵本です。親として、子どもに教えたいことを
絵本が伝えてくれます。

読み終わってすぐ、また読んで!と2回目が始まりました(笑)

シャープペンお兄さんがくろくんに言うこと、もしかして…と思ってたら、当たりでした。子どもの頃、黒く塗って上から引っかいて書くことが面白くて、よくやったことを思い出して、懐かしかったです。

まだ、息子にこのお絵かきの面白さを体験させていなかったので、一緒にやってみるつもりです。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット